英検4級レベルからアメリカ大学留学し学部代表に選出された経験をWebマンガや動画で公開中!

アメリカ大学留学で成功するためのポイントとは?
アメリカの大学生活の風景
関連ページベスト3コミカレから大学へ編入して成功(漫画ストーリー)コミュニティカレッジ(コミカレ)から州立大学編入して卒業する道のり(動画解説)アメリカのコミュニティカレッジ(コミカレ留学)の紹介
アメリカの大学の学部代表の証明書




アメリカ大学留学成功のポイントのマンガ

アメリカ大学留学マンガの1ページ目:かつての私

このWebマンガの続きを読む

はじめに

アメリカには、4000校以上もの大学(2年制&4年制)があると言われています。その数は、日本の大学の3倍以上となります。
なので、一言で「アメリカの大学へ留学する!」と言っても、無数の選択肢が存在します。なので、あなたにとって最適の大学を選ぶことが重要なテーマとなります。

このページでは、最適なアメリカの大学を選ぶ際に知っておくとよいポイントを前半で紹介します。そして、ページの後半では、私自身が、卒業が困難だと言われるアメリカの大学を、英検4級レベルからスタートしてでも学部代表として卒業できた体験談を紹介します!

アメリカの大学の特徴とは?(日本の大学制度との違い)

アメリカの大学の講義風景
まず、アメリカの大学は、日本の大学とは大きく異なります。その代表的なポイントを3つ紹介します。

●特徴その1:日本の様な入試制度がない

日本の大学の入試制度では、1年に1回入学試験にパスしないと大学への入学はできません。しかし、アメリカには、日本の様な入学試験の制度が、はじめから存在しません。

アメリカの大学には、各校が要求する書類を、入学の管理を行う各大学のアドミッション・オフィスへと提出するだけでOKです。具体的な提出書類としては、高校時代の成績書、志望動機のエッセイ、銀行の残高証明書、TOEFLやSATなどのテストスコアなどがあります。

なので、大学入学の合否は、それらの書類を総合的に判断して行われます。なので、あなたが、仮に、筆記試験が苦手なタイプの人だとしても、アメリカの大学への進学を実現できる可能性は多くあります。

特に、入学の難易度が低いとされるのが、州立のコミュニティカレッジ(コミカレ)と言われる2年制大学です。

●特徴その2:学部選択の自由がある

日本の大学の場合は、入学試験に合格した大学の学部で4年間、勉強をすることになります。しかし、アメリカの大学の場合は、まだ、何を学びたいか定まっていない場合、入学の時点で学部を選択する必要はありません。

実際に多くのアメリカの大学では、リベラルアーツ(Liberal Arts)という一般教養の学部を選択し、文学、政治学、歴史、心理学、社会学、化学、生物学など色々な分野の学問を学び視野を広げることができます。

その結果、1~2年生の間に、自分が本当に興味のある分野を定めることができます。そして3年次になってから自分の専攻を選ぶということでも問題ありません。

アメリカの大学で学ぶ学生達は、やりたい学問を選択できることから、真剣に研究をして達成感を感じる人も少なくありません。(私も、実はその1人です。)

●特徴その3:編入(トランスファー)制度が充実している

日本の場合、はじめに入学した大学を4年間で卒業する制度となっています。しかし、アメリカの大学の場合は、入学難易度の低いコミュニティカレッジ(コミカレ)などで2年間、高い成績値G.P.A. (Grade Point Average)を維持して単位を取得することができれば、より高いレベルの4年制大学へと編入することも可能です。
なので、アメリカの大学留学では、高い成績値G.P.A.を維持することが、とても重要なテーマとなります。

>>コミュニティカレッジ(コミカレ)留学の詳細はココをクリック

アメリカの大学へ留学するメリットとは?

アメリカの大学生たち

●大学留学のメリット1:専門知識を習得できる

アメリカの大学では、制度上、自分に関心のある学部を選ぶのが日本より容易にできます。そして、アメリカの大学の学部(Major)は、とてもバラエティーに富んでいます。中には日本では、なかなか専攻するのが困難な学部であっても、簡単に専攻することができます。

【アメリカの大学の学部の例】


・ビジネス学部
・コンピューターサイエンス学部
・バイオサイエンス学部
・工学部
・心理学部
・政治学部
・コミュニケーション学部
・会計学
・映像制作
・スポーツマネジメント学部
・マスコミュニケーション学部 など

●大学留学のメリット2:本物の英語が身に付く

仮に、あなたの英語レベルが、アメリカの大学留学前に、とても低かったとしても、4年後に大学を卒業する頃には、グローバルな社会でも通用するレベルの英語力を身に付けることができます。

実際、アメリカの大学の授業では、教授の言ったことをノートに取って、試験にパスするというスタイルの教育は一部に過ぎません。

大学の授業では、下記の様な課題が要求されます。それらを、語学力にハンディがある中、全力でチャレンジすることで、本物の英語力は身に付きます。

【アメリカの大学で課せられる3つのこと】

・リサーチペーパーの提出

アメリカの大学では、多くのコースでMid-term paper(中間の提出エッセイ)とFinal paper (学期末の提出エッセイ)の2つの論文(リサーチペーパー)の提出が求められます。教授からリサーチペーパーで高い評価を得るためには、英語の文献を読み込むだけに留まらず、時にはアメリカ人達にインタビューを実施することもあります。

また、英論文の構成を組み立てる際に、アメリカ人にも通じる論理的な考え方(Logical thinking)を同時に身に付けることができます。

・プレゼンテーション

アメリカの大学では、留学生であってもアメリカ人と同レベルのプレゼンテーションの質が求められます。プレゼンテーションには、個人で行うプレゼンテーションと、クラスメイト数人で行うグループ・プレゼンテーションがあります。特に、グループでのプレゼンテーションはメンバーとのコミュニケーションが重要です。日本人留学生の場合は、英語のハンディを負って、教授や他のクラスメイトから高い評価を得るプレゼンテーションのスキルが求められます。

・ディベート

日本の文化では、相手と議論して争うことは、必ずしもよいことではありません。しかし、アメリカでは、日常生活だけでなく大学の授業内でも、賛成(Pros)と反対(Cons)に分かれてディベートすることがあります。

反対意見を持つ相手を、論理的に負かすということは、アメリカ社会では普通にあることです。なので、倫理性を欠いた感情的な意見では、日本人留学生であるあなたが、ディベートに慣れ親しんできたアメリカ人の学生に勝利することは容易ではありません。

大学留学中、アメリカ人とのアメリカ人とのディベートを多く経験することで、英語力への自信は格段に増えます。

●大学留学のメリット3:グローバルなネットワークができる

日本で学生生活をしていると、他の国から来た人たちと接する機会は、それほど多くありません。しかし、アメリカの大学に留学をすると、アメリカ人の大学生だけでなく、色々な国から来た留学生と友達になるチャンスがあります。

アメリカの大学留学生活においては、単純に、英語の語学力が向上するだけでなく、世界の色々な国から来た留学生達の文化や価値観に触れ、考え方の幅が格段に広くなります。

アメリカで構築したネットワークは、インターネットが発達した今日では、卒業後に、アメリカを去った後、ビジネスでも活用できる可能性が多くあります。

アメリカの大学留学の費用って?

アメリカの大学留学に必要な費用の説明

アメリカの大学留学の費用は、進学するカレッジや大学によって大きく異なります。ここでは、代表的な4つのタイプを紹介します。

【ケース1:費用面 ★☆☆☆】

コミカレ2年間で準学士 (Associate degree)を取得

州立や市立の2年制のコミュニティカレッジ(コミカレ)は学費が安いです。2年間であっても、一般教養(リベラルアーツ)だけでなく、ビジネスやコンピュータのプログラミングなどを学ぶことも可能です。

【ケース2:費用面 ★★☆☆】

コミカレ2年間卒業後、州立大学の3年次へ編入。学士 (Bachelor degree)取得

2年制の州立コミュニティカレッジの単位は、州立の4年制大学への編入の際に100%認められるケースがあります。編入(トランスファー: Transfer)の制度を有効に活用することで、アメリカの大学留学の費用を大幅に削減できます。

【ケース3:費用面 ★★★☆】

州立大学(4年制)で学士 (Bachelor degree)取得

一般的には、州立大学は私立大学よりも授業料が安いと言われます。しかし、名門のカリフォルニア大学(University of California、通常UC)などの学費は、州立大学であっても、農村部に位置する私立大学の学費よりも高いこともあります。

【ケース4:費用面 ★★★★】

私立大学(4年制)で学士 (Bachelor degree)取得

私立大学の中でも、特に、ハーバード大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学(通称MIT)などの名門大学の授業料は高いと言われています。

●語学学校の授業料もアメリカ大学留学の一部

アメリカの大学へ進学する前の語学学校の授業風景
海外での生活体験のない日本人にとっては、語学力の面から、アメリカの大学の授業に、最初からついていくのはかなり困難なことです。ですので、多くの日本人の留学生は、プライベートの語学学校か、もしくは大学付属のESL(English as a Second Language)という第二言語としての英語を学ぶプログラムを受講して、英語力の底上げを図っています。

当サポートのお客様の場合、アメリカ出発時、英語レベルが中級の方は約半年間、語学学校で勉強をしています。アメリカ出発時に初級レベルの英語の方ですと、約1年間は英語コースを受けられています。

ですので、この語学学校の期間の費用も、アメリカ大学留学の一部に含める必要があります。

アメリカの大学への入学方法って?

アメリカの大学へ留学するために必要なポイント
アメリカの大学への入学方法は、大きく分けると3つあります。下記に、それぞれの入学方法の特徴を紹介します。

➊日本からアメリカの大学へ申し込むケース

各アメリカの大学には、アドミッション・オフィスという入学管理を担当するオフィスが存在します。入学を希望する大学のアドミッション・オフィスに、下記の様な必要書類を締切日(deadline)までに提出する必要があります。

大学への入学が許可された場合は、I-20という入学許可のドキュメント(学生ビザ取得の際の必須書類)がアメリカから日本の自宅へ郵送されます。

【アメリカの大学に提出するアイテム】

・入学願書(Application form)
・出願料
・高校時代の成績証明書、卒業証明書 ※大学生の場合は、大学のものも必要
・銀行の残高証明書
・志望動機のエッセイ
・TOEFLの公式スコア
・SATの公式スコア(名門大学などは必要)

➋アメリカの語学学校に在籍しTOEFLスコアを取得し大学進学

海外経験のない日本人にとって、アメリカの大学留学の前に、大学が留学生に要求するTOEFLのスコアを取得するのは、かなり困難なことです。

その困難とされる理由は、日本の小学校、中学校、そして高校の授業では、十分に習わない領域の英語の能力が、インターネット・ベースのTOEFL iBTでは求められるからです。

日本の学校では、下記の(1)~(3)の受け身の英語スキルを中心に学習します。一方、(4)や(5)の様に書いたり話したりする英語のスキルは、日本のほとんどの学校では十分に習いません。

アメリカの語学学校では、自身の不足した領域の英語力を向上させて、大学進学を目指すことになります。

【インターネット・ベースのTOEFLの試験内容】

●日本の学校で習う領域


1)文法&ボキャブラリー 
2)リーディング(読む) 
3)リスニング(聞く)

●日本の学校では十分習わない領域


4)ライティング(書く)
5)スピーキング(話す)

➌アメリカの語学学校と提携する大学へTOEFL免除で進学

日本人の留学生の中には、アメリカの語学学校で一定期間、英語を勉強しても、大学が要求するTOEFLのスコアまで到達できない方もいます。

その様な方は、語学学校の一定のレベルをパスすることで、TOEFLの公式スコアの提出が免除されて、語学学校が提携するカレッジや四年制大学へと進学することができます。下記の具体的な例をご覧ください。

【TOEFLスコア免除で進学できる大学の例】

例1:バンカーヒル・コミュニティカレッジ


(2年制、マサチューセッツ州)
・提携する語学学校のレベル14をパス(全18)

・TOEFL61の取得が免除

例2:カリフォルニア州立大学サクラメント校


(4年制、カリフォルニア州)
・提携する語学学校のレベル16をパス(全18)

・TOEFL71の取得が免除

(2019年時点)

>>TOEFL免除の条件付き入学の説明の詳細はココ

アメリカの大学の一般教養(General study)と専攻(Major)の違いとは?

●一般教養科目(General Study)【1~2年生】

アメリカの大学では、入学当初から専門的な分野を勉強するということはありません。入学当初は、General Study(一般教養科目)を通じて、広く浅く、様々なフィールドの学問を学ぶことができます。一般教養科目を学ぶ中で、自分の関心のある分野が明確になる留学生も少なくありません。一般教養科目には、下記の様なコースがあります。

【アメリカの大学やコミカレのリベラルアーツのコース例】

●English Composition(英文の構成を学ぶコース)

●American History (アメリカの歴史)

●American Politics(アメリカの政治学)

●General Sociology (社会学入門)

●General Psychology(心理学入門)

●World Literature(世界文学)

>>アメリカの大学・コミカレのリベラルアーツのコース例

●専攻(Major)

1~2年生のGeneral Study(一般教養科目)を通じて、関心のある分野の学問を3~4年生で専攻することも可能です。また、ダブルメジャーといって2つの学部を専攻することもできます。例えば、コンピューターサイエンスの学部と心理学の学部を2つ専攻して卒業するということも可能です。

条件付き入学できるアメリカの大学の一覧

語学学校が提携するアメリカの大学に入学する場合は、渡米前に、提携大学から、Conditional acceptance (仮入学許可書)を入手することも可能です。この仮入学の許可書を入手できる各語学学校の提携大学リストを下記に紹介します。

*******

海外経験0からアメリカの大学の学部代表になった体験


ボストン大学留学支援
自身が得た経験をプログラムにしました


メール問合せ

アメリカ大学留学カウンセラーのプロフィール1
アメリカ大学留学カウンセラーのプロフィール2
成功のポイント
勉強嫌いの私が学ぶ事が楽しくなった

私は、ボストンの大学へ留学する前は、日本で高校生活を送っていました。しかし、勉強が苦手でした。受験の為に、何の関心もない生物や数学などを勉強する気力が全く湧きませんでした。仮に、テストで悪い点を取ったとしても、「なぜ、駄目だったんだろう?」といった疑問を持つ事もなく、勉強ができる様になる事はありませんでした。

アメリカ大学留学前に受けたTOEFLのスコア

留学前のTOEFLスコアの記録はココ


そんな私が、アメリカの留学生活を通じ、学ぶ事に対する意識が180度変化していきました。そのきっかけをお伝えいたします。

●ニューヨークへのバックパック旅行が転機

アメリカの留学生活ではじめての夏休み、私は、アルバイトで貯めたお金を使い、ニューヨークにバックパック旅行に出ました。そこで目の当たりにしたのは、華やかな富裕層の世界とハーレムの貧困街の格差でした。日本では見たこともない程の貧富の差に、これが、本当に同じアメリカなのか?と目を疑う程でした。

ニューヨークにバックパック旅行し、貧富の差を目の当たりにする

私の体に激震が走りました。そして、18歳まで日本の外にも出た事もなく、世界で起こっている事など何も知りませんでした。きっと、何か理由があるに違いないと私は心の内から自然な興味が湧きました。そして、もっと社会の事を学びたい。この時、アメリカ留学中、私はもっと社会について学んでいこうとその時に決意しました。

●悪い成績が取れない程、のめり込めた!

私では勉強が日本では嫌いだった私ですが、アメリカの大学留学中、関心のあるテーマをより深く掘り下げる為には、色々なフィールドの知識が必要でとされました。日本で嫌いであったはずの教科も、自然と好きになってしまいました。その証拠としてボストン留学時代の成績書をお見せします。

ボストンの大学在学中、学ぶ意識が変化した結果

●筆記試験よりエッセイが重要だった理由

ボストン留学中、多くの筆記試験がありました。しかし、筆記試験に対する考え方が、私が日本で通っていた高校とは異なりました。それは、筆記試験の点数だけでは、決して評価されないという点でした。

私が在籍したマサチューセッツ大学ボストン校の教授は、私にかつて下記の様な事を教えてくれました。「筆記試験の勉強を通じて得た知識は、あなたが自らの意見をエッセイやプレゼンテーションで表現する際に大きな助けになります。しかし、いくら知識が沢山あっても、自分の意見を相手に表現できるスキルが欠けていれば、何の役にもたたないでしょう。」当時、この大学教授の言葉は、私の心に刺さりました。

自分の想いの詰まったボストン留学中の論文は今でも宝物

実際、アメリカ(ボストン)の大学を卒業した後、日本に帰国した私は、社会人として働きましたが留学中に暗記した学部の専門知識は、全く使う機会はなく、今では殆ど覚えていません。しかし、留学中に自分で論文のテーマを考え、そのテーマのメッセージを、私の事を深く知らない教授達に理解してもらう為に、必死に考え抜いた時間と努力は、未だに昨日の事の様によみがえってきます。そして、それらの大学留学の経験が今になっても、仕事をする上でも役に立っている実感する事が多くあります。

●目指しもせずボストンの州立大学の学部代表になれた理由

1999年、私はUniversity of Massachusetts Bostonというボストンの州立大学の社会学部の代表に選出され、卒業する事ができました。ここで、お伝えしたい事は、決して私は、学部代表になろうと思った事などなく、きちんと卒業して帰国できればよいと思っていました。
ただアメリカの大学へ留学中、私は好きなテーマを思いっきり学べるので、かつての受験勉強の時の様な「やらされている感覚」がなく「やりたい感覚」で満ちていました。

私でもアメリカの大学の学部代表になれた証明

アメリカの大学での受賞実績の閲覧はココ

代表への紹介文には、下記の文言が記されています。
Shiko Komatsu in interested in intellectual ideas, particularly ideas about the relationship between Asian and Western societies and cultures.
和訳:小松志行氏は、アジアと西洋の社会と文化の関係に関する知的な考え方に特に関心を持っていました。

ここで、これからアメリカの大学を目指される方でお伝えしたいポイントが一点あります。”is interested in”(~に興味・関心を持っている)という熟語が使われています。決してTalent (才能)があるとは言っていません。きっと、当時、私は、周囲のアメリカ人以上に、自らの選んだテーマを掘り下げて探求しようという姿勢があったと教授達に印象を持ってもらえたのだと思います。

●私が大学留学を経験したから言える事

私は、アメリカの大学を卒業後、社会人として14年以上を経験しておりますが、挫折をした事もありました。一番辛い時には、躁うつの状態になり、メンタルクリニックに通院して薬を飲んで治療した事も経験しました。

そんな状況を1つ1つ克服できてきた原点は、私の場合は、語学をいうハンディを克服し「マサチューセッツ大学ボストン校を卒業できた事」だと思ってます。この経験を、これからアメリカへ留学を志す方へお伝えしたいと思ってます。そして、生きる上でのたくましさを、アメリカでの大学留学を通じて、体得できれば素晴らしいと思います。


最大の収穫
アメリカ留学時代、英語力の弱味を強みに変えた

前のパートでは、勉強嫌いの私が関心を持つ事で学ぶ楽しさに気づき人生を変えていった事をお話しました。ただ、楽しさを感じるにも、英語を初級レベルでアメリカでの留学生活をスタートした私には、「英語力の欠如」という現実的に大きな問題がありました。

ボストン留学中、英語にハンディがある外国人だからといって、甘く評価をしてくれるという事はなく、アメリカ人の学生と同じ様に多くの場所で扱われました。

●不思議と英語ができない劣等感はなかった

ボストンの大学のアメリカ人学生たちは、努力しなくても生まれてからずっと英語で話しているので、英語が話せて当たり前でしたが、私は渡米して2、3ヶ月経っても、もくに英語での簡単な会話すらできないレベルの人間でした。

では、私は、アメリカ人に対して劣等感を感じていたでしょうか?いいえ、実は全く劣等感を感じる事はありませんでした。いくら頑張っても、語学力でアメリカ人を超えられるとは思いませんでしたので、私の場合は、アメリカの大学へ留学中に、この語学力の格差を、他のどんな能力でカバーするかを四六時中考える様に努めていきました。

アメリカ大学留学時代は、授業後によくボストンの街を散歩しながら発想を練った

●弱味を強味に変えた発想

ここで、皆さんにお伝えしたい事は、私は、あえて「語学力の優劣」というアメリカ人の学生に有利な土俵で戦う事をせず、自らが勝てる可能性のある土俵を探しました。ここで少し、アメリカの大学留学の話しとは離れますが、私の考え方を説明するのに有効な例を下記に説明させて頂きます。

あなたは、病弱な人ほど、長生きをするなんて言葉、聞いた事ありませんか?「それって逆じゃない?」って思う人が多いのではとおもいますので、説明させて頂きます。健康な人は、自分が健康だと思うので、お酒を飲んだり、たばこを吸ったり、不摂生な生活を繰り返してしまう事があるでしょう。しかし、自分が病弱だと認識して、行動している人は、決して無理はしません。毎日、健康な食事を摂る様に心がけ、生活習慣も正していきるでしょう。その結果、病弱な人は、健康な人より長生きできるのです。

アメリカ留学を通じ弱みを強みに変える!

この同じ法則と似たような事は、アメリカの大学留学で英語にハンディのある日本人学生にも当てはまると思います。

語学にハンディのある留学生は強いという事です。
具体的にお話しますと、生まれてから英語しか話していないアメリカ人は、大学で英語の授業を何の努力もせずに聞くことができます。一方、私はというと、常に授業では120%の力をだしたとしても、まだ教授の言っている内容が理解できない事がほとんどでした。

私は、アメリカ大学留学中、大学では一番前の教授に近い席にいつも座って授業を取っていました。そして、レコーダーで授業を録音して、授業後にテープ起こしをして、授業内容の理解を深めました。そして、授業が終わって、アメリカ人学生が退出したあと、教授に沢山質問をして、友達の様に仲良くなってしまって、教授からテストで重要なポイントを、私にだけ、コッソリ教えてもらった事もあります。そして、私は自分の英語力が、劣っていると認識していたので、論文を自分だけで完成させようとはせず、必ずチューターの先生に添削してもらいました。それも一人りだけではなく場合によっては3人から添削してもらった事も少なくありません。

病気であれ、アメリカの大学留学であれ、自分が周囲が持っていないハンディを持っているのだと認識できれば、彼らと同じ行動を取ろうとは、まず思わないではないでしょうか?そして、彼らに追いつく為に、自分自身で色々ろな計画を立てて、それを実践することかと思います。


弱みと強み
実体験を基に大学留学プログラムを作りました
アメリカの大学の英論文で高い評価を得るために必要だったポイント
筆記試験で高得点を取る為に実践したノートの作り方
アメリカの短大から四年制大学への編入のポイント
小松志行がアメリカ大学留学で実践したプログラム
フロー

アメリカ大学留学プログラムの詳細はココ

アメリカ大学留学Q&A

ボストン留学のトップへボストン留学ガイドのプレゼント お問合せ