アメリカ留学でボストンがおススメな理由
アメリカ留学生活の一コマ、チャールズ川の散歩


はじめに

アメリカへの留学に憧れる人は多いです。今日でも、年間に約1万7千人の日本人がアメリカへの留学をしています。

その様な中で、アメリカの留学先として日本人に人気な場所は、西海岸のロサンゼルスやサンフランシスコ、東海岸のニューヨーク、そしてハワイと言った場所です。

一方、学ぶ場所としては、アメリカでは最も人気の場所であるにも関わらず、日本ではあまり知られていない町があります。。。

それは、東海岸のボストンです!

ここでは、なぜ、ボストンがアメリカ留学する時の留学先としておススメなのかを、ボストン留学を体験した経験者が紹介します。

1.アメリカ留学でボストンおススメ【生活編】

学生人口25万人のコミュニティで自分の可能性を磨ける!
アメリカ留学ならボストンの理由2:MITのキャンパス風景
ボストンには、アメリカのみならず世界中から、ユニークなアイディアを持った学生達が集まってきます。彼らは、この町で単に学校の授業を受けるだけではなく、自分の可能性を試したり、未来を切り開こうとしています。

ボストンのレストランやカフェでは、学生達が、白熱したディスカッションを繰り広げる姿を、至るところで目にします。

あたなも、その様な環境の中で、文化も価値観も異なる学生達と交流することで、主体性や積極性、コミュニケーションの力も身についていくことでしょう!日本

2.アメリカ留学でボストンおススメ【大学編】

ハーバード大学やMITがある学術都市!
アメリカ留学ならボストンの理由1:空からみた町の風景
ボストンは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)などの世界のトップスクールがあるアメリカ屈指の学術都市です。周辺には、大学に加え、英語をゼロから学ぶことのできる語学学校なども多く存在します。あらゆるジャンルの教育機関が、周辺に100以上集まっています。

・ハーバード大学

1636年に設立されたアメリカ最古の大学。これまで、多くのアメリカ大統領やノーベル賞受賞者を輩出してきています。

・マサチューセッツ工科大学

通称MIT。1865年に設立された世界屈指の理工学系の大学です。ノーベル賞受賞者も多く輩出しています。

・ボストン大学

アメリカで4番目に大きな大学として有名です。アメリカの公民権運動で活躍したキング牧師も同大学の卒業生です。

・バークレー音楽大学

現代音楽やジャズを専門とする音楽大学です。多くのグラミー賞受賞者を輩出していることで有名です。

・マサチューセッツ州立大学ボストン校

ボストン市内で唯一の4年制の州立大学。コミュニティカレッジからの編入も比較的に容易。

・バンカーヒルコミュニティカレッジ

低予算でコンピュータやビジネスなど様々な分野の勉強が1~2年間で可能です。

ハーバード大学メディカルスクールの体験談

近い将来、あたなにとって最適の学校がボストンで見つかるかもしれませんね!

>>アメリカ・ボストン周辺の大学の情報の詳細はココをクリック

3.アメリカ留学でボストンおススメ【語学学校編】

日本人比率が少ないボストンだから語学力の向上に最適!
アメリカ留学ならボストンの理由3:語学学校の雰囲気

アメリカに語学留学をしても、現地に日本人が多くいると、「結局、流されて日本語ばかり話してしまって、英語が上達しなかった・・・」という結果になりかねません。
日本人比率の多い環境に留学してしまうと、英語の伸びが悪くなる可能性すら出てきます。

アメリカ各キャンパスの日本人比率

1位:ロサンゼルス 21%
2位:ニューヨーク 20%
3位:サンフランシスコ 14%
4位:ボストン 7%

(EC Language Center 2015年11月)

日本人が多く留学している上位のアメリカの3都市と比較しても、ボストンは、日本人比率が少ないことが分かります。なので、英語を真剣に身に付けたいと考えている方には、最適の環境です。

また、ボストンには、アジア地域からだけでなく、ヨーロッパや南アメリカ、中東など世界の様々なエリカから留学生が集まってきます。そのため、多少の文法の間違いや発音の聞き取りにくさなどは、誰も気にしません。「私には、語学力が不足しているから・・・」と遠慮するよりも、どうやったら自分の意志を英語で伝えられるかを考えて、積極的に会話をしましょう。

その結果、短期間で驚くほど英語の力が身についているでしょう!

>>アメリア・ボストン周辺の語学学校の情報はココをクリック

4.アメリカ留学でボストンおススメ【地下鉄編】

便利な地下鉄での移動で、自主性が育まれる
アメリカ留学ならボストンの理由4:地下鉄での生活を満喫しろ!
アメリカでは、ボストンやニューヨーク、シカゴなど限られた町にしか地下鉄は存在しません。なので、アメリカの学生は、ほぼ自動車で移動しています。しかし、自動車の運転のできない留学生は移動で苦労します。わざわざ、レンタカーを借りて移動をするのも面倒ですし、外出するのが面倒になってしまい、学校と学生寮の往復だけになってしまうケースも多いです。せっかくのアメリカ留学生活が、その様になってしまうと、英語を実践する機会も少なくなってしまいます。

一方、ボストンでは、地下鉄の路線がグリーンライン、ラッドライン、ブルーライン、オレンジライン、シルバーラインと5路線もあり充実しています。地元のアメリカ人の学生達も地下鉄を使って生活を満喫しています。

地下鉄を利用すれば、思い立ったらすぐに、自分の興味のある場所へと移動することができます。学校の授業後、自分でプランを立てて、色々な場所へ出かけることができます。異国の地でも積極的に行動することは、自主性やチャレンジ精神を育むことにも繋がります。毎日、刺激的に楽しく充実させるためには、アメリカ留学中の移動手段も、とても重要な要素になります。そして、自分で動き回ったという体験が、大きな自信へと繋がります。

>>アメリカ・ボストンの地下鉄情報の詳細はココをクリック

5.アメリカ留学でボストンおススメ【遊び編】

授業後も、遊びを満喫できる環境
フェンウェイ球場でメジャーリーグ観戦
ボストンは、アメリカNo.1の教育の町ですが、同時にアクティビティも充実しています。町の中には、オシャレなカフェやレストランが立ち並び、学生たちがリラックスしたひと時を過ごしています。また、アメリカで最も古い町の1つで、歴史的な観光名所も多く存在します。ボストン美術館やボストン交響楽団といった本物のアートを思う存分に堪能できるのもボストンの魅力です。
さらに、ボストンは、メジャーリーグのチームBoston Red Soxの本拠地です。かつて、松坂大輔投手や上原浩治投手が在籍して、ワールドチャンピオンに輝いたことでも有名です。

ボストンの学生達は、チャレンジ精神を持つ人が多いのは事実ですが、いつも机の上で勉強ばかりしている訳ではありません。オンとオフをしっかりと区別して、放課後や休日のプライベートな時間をしっかりと満喫しています。あなたも、ボストンで出来た友達と英語を使って遊んでいるうちに「本場で通じる英語」が自然と身についているでしょう!

>>アメリカ・ボストンの生活の魅力に関する情報はココをクリック

6.アメリカ留学でボストンおススメ【就活編】

世界最大級の日英バイリンガルの就活フェア、ボストンキャリアフォーラムに無料で参加!
留学生活(暮らし)の魅力3:就活フェア・ボストンキャリアフォーラムの様子

>>ボストン・キャリア・フォーラムの詳細はココをクリック

7.アメリカ留学でボストンおススメ【インターン経験編】

帰国後の就活・キャリアアップに最適のインターンも可能
理想の就職を実現!

>>アメリカ企業での無給インターンの詳細はココ

8.アメリカ留学でボストンおススメ【短期留学編】

アメリカ留学でなぜボストンが選ばれるの?

9.アメリカ留学でボストンおススメ【社会人編】

10.アメリカ留学でボストンおススメ【気候編】

まとめ

ボストン留学のトップへボストン留学ガイドのプレゼント お問合せ