スタッフォードハウス・ボストン校は2020年7月末に閉校することになりました。

スタッフォードハウス・ボストン校

Stafford House Boston

Stafford House Boston(スタッフォードハウス・ボストン)の学校ロゴStafford House Boston(スタッフォードハウス・ボストン)のキャンパスの写真

基本情報

ロケーション ボストン市 
ダウンタウン地区
設立 1952年
(親会社Cambridge Education Groupの設立年度)
全校生徒数 90名 (年間平均)   
150名 (夏期間)
クラス人数 最大12名
クラス・レベル 初心者~上級 
(全8レベル)
対象年齢 15歳以上

【注意】学校の平均人数などは、年度やシーズンによって異なります。最新情報をお知りになりたい方は下記までお気軽にお問合せください。
>>お問合せはコチラ

●スタッフォードハウス・ボストン校ってどんな学校?

スタッフォード・ハウス(Stafford House)の親会社ケンブリッジ・エデュケーション・グループ(英国)は、1952年から今日まで65年以上の英語教育の歴史を持っています。そして、イギリス、アメリカ、カナダの3カ国に11以上のキャンパスがあります。

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)では、一般の英語コースに加え、現地で無給インターンが可能な就活準備アクティビティ(Career Preparation Activity)やビジネス英語コースも充実しています。英語力や留学経験を、キャリアに活かしたい方に人気の語学学校です。

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)のスタッフへのインタビュー動画

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)のお客様へのインタビュー動画

●ロケーションは?

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)は、ボストンのダウンタウンに位置します。地下鉄のダウンタウン・クロッシング駅(Downtown Crossing Station)から数分の好立地です。ランチ休憩の際には、イタリアン、ハンバーガー屋さん、中華料理など様々な食事が簡単に食べられるのも魅力です。

スタッフォードハウス・ボストン校のキャンパス周辺の動画

●スタッフォードハウス・ボストン校のプログラムの特徴は?

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)では、一般英語コースのレベルは初級から上級までで全7レベルあります。レベル4の中級レベルからはビジネス英語コースの受講が可能です。また、レベル5の上中級レベルからは、就活準備アクティビティやプロフェッショナル認定コースなどの受講も可能になります。

●一般英語コース
午前中のコアコースでは、「読み・書き・聞く、話す」のスキルを総合的に学びます。そして、ランチ休憩をはさんで、午後にはモジュールという選択コースを受講することができます。各人の留学の目標に合わせたコースを選択することができるのがスタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)の魅力です。下記にモジュールの例を紹介します。

・発音補正

出身国によって、独特の発音やイントネーションのクセがあると言われます。日本人であればRとLの違いなどが挙げられます。このコースを通じて、きちんとした発音を身に付けることができます。

・ニュース&新聞

実際に、その時に起こっているニュース記事を活用します。記事の中の単語や表現方法を学びます。また、記事をテーマにディスカッションもします。参加できるレベルは中上級と上級となります。

・会話力の強化

英語での円滑なコミュニケーションにおいては、「言葉(ランゲージ)」に加え「ボディランゲージ」も重要になってきます。ジェスチャーを交え、自信を持ってコミュニケーションが取れる様にレッスンが行われます。英語で、微妙な表現ができる様になることで、アメリカでの日常生活がより充実します。

・人気の英語表現

ハリウッド映画、アメリカの人気曲やテレビ番組で使われている表現を、授業の中で学びます。アメリカ人が日常的に使うスラングや慣用表現が沢山含まれます。このコースを受けることで、アメリカ人との会話がスムーズになります。

●プロフェッショナルコース


スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)のユニークな点は、英語を学ぶだけでなく、留学後の就職活動で役に立つスキルを身に付けることができるところです。

Stafford House(スタッフォードハウス)の授業風景

●就活準備アクティビティ
スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)は、ボストンの企業と提携して、留学生が企業で無給のインターンをすることができます。実際に、アメリカのビジネスマン達から、生きた英語を学ぶと同時にアメリカのビジネスカルチャーも吸収できます。このプログラムのスケジュールは下記の様になります。

【1週目】
プログラム全体の説明&アドバイザーとのミーティング

【2週目】
就職活動サポートと履歴書の作成に関するアドバイザーとのミーティング

【3週目】
受入れ先企業の調査&アメリカの職場でのマナーやエチケットを学ぶ

【4週目】
受入れ先企業の担当者との面接のテクニックを学ぶ

【5~12週目】
受入れ先企業での職場体験

5~12週間のこのプログラムを通じて得られるものを下記にまとめてしましたので、ぜひ参考になさってください。特に、留学で身に付けた英語力を活かして、グローバルにチャレンジされたい方にはお役に立つかと思います。

【体験から得られるスキル】
➊英語での面接で、短時間で相手に自分の価値を伝えるポイントを身に付けられる

➋アメリカ人の同僚との英語のやり取りを通じ、コミュニケーション力を磨くことができる。

➌職場で使うカジュアルな表現を身に付けることができる。

➍受入れ企業の業界の特有の専門用語を学べる

➎受入れ企業の仕事を通じて、職場でのスキルを学べる

【+αの特典】
➊アメリカの受け入れ企業からの推薦状

➋スタッフォードハウスが発行する認定証

➌就職活動の際に記載可能な「米国での職場体験」

➍帰国後も続くグローバルなネットワーク

●プロフェッショナル認定証コース
スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)では、「マーケティング&広告」「プロジェクト管理」「ビジネス管理」といったグローバルビジネスで要求されるスキルを学ぶことができます。

このコースの先生は、英語教育のスキルに加え、ビジネスの一線で活躍した経験も持っています。なので、実際のビジネスの事例を利用して講義をします。

➊マーケティング&広告コース
このコースでは、グローバルビジネスの環境下でのマーケティングの基本的な原理が紹介されます。コースを通じて、ビジネスの成功に必須のマーケティングのコンセプトと実行がおさらい、議論、そして練習されます。包括的なマーケッティングの力学やトレンドのレビューには、分析、調査、プランニング、顧客行動、ブランディング、統合したマーケティングコミュニケーションが含まれます。特に、グローバルマーケティングとインターネットが強く強調されます。
【期間】4週間
【受講可能レベル】上級レベル

➋ビジネスマネージメントコース
このコースは、21世紀のグローバルマーケットのマネージメントコンセプトの基礎を学べます。生徒は、これまでの学びや職場での経験を利用でき、ビジネスや人をマネージメントする為の成功のストラテジー(戦略)に慣れ親しんでもらえます。
【期間】4週間
【受講可能レベル】上級レベル

➌プロジェクトマネージメントコース
グローバルビジネスの環境下でのプロジェクトマネージメントの基礎的な原則が学べます。コースを通じて、ビジネスの成功に必須のプロジェクトマネージメントのコンセプトと実践がレビュー、議論、練習されます。包括的なレビューは、プロジェクトと一般的なマネージメントスキル、プロジェクトを開始する方法、プロジェクトのゴールの設定、プロジェクトの活動の分解、プランニングとリソースの統合、リスクの査定、プロジェクト計画の発展、予算の概説、プロジェクトの実行と結果の管理方法、プロジェクトの終了の方法等が含まれます。
【期間】4週間
【受講可能レベル】上級レベル

実際のグローバルな職場環境においては、下記の様なスキルが必要となります。

・プレゼンテーション能力
・コミュニケーション能力
・チームワーク

なので、スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)のプロフェッショナル認定コースでは、色々な国から来た留学生達を一緒にグループプロジェクトが行われます。ビジネスカルチャーが異なる多国籍なチームの中で、共同作業するには、他国の価値観や考え方を理解する必要があります。これらの経験は、実際に社会に出ても色々な場面で役立つことでしょう!

➡(このプログラムの詳細はココ

●TEFL(英語教授法)コース(4週間)

TEFLとは、Teaching English as a Foreign Languageの略で英語のネイティブスピーカーがノンネイティブスピーカーにより効果的に英語を教える為の教授法です。アメリカでは、キャリアアップ の目的で多くの教員を目指す学生や現役教員がTEFLの証明書の取得を目指しています。スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)では、最短4週間で修了証が取得できます。
スタフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)のTEFLプログラムを詳細はココ 
bae-1

詳細情報

オプション ホームステイ 学生寮 空港出迎え インター
ネット使用
課外活動
国籍 イタリア スペイン 韓国 ベネズエラ タイ
15% 12% 9% 8% 5%
課外活動 ニューヨーク旅行、Six Flags(テーマパークツアー)、クジラ観賞ツアー、ケープコッドツアー
加盟団体 ACCET加盟校、 NAFSA加盟校、AAIEP加盟校、TESOL加盟校

【注意】この語学学校の国籍比率などは、年度やシーズンによって異なります。最新情報をお知りになりたい方は下記までお気軽にお問合せください。
>>お問合せはコチラ

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)お客様体験記

●木下様(京都市・大学生)
スタッフォードハウスお客様の声
スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)には、色々な国の方が留学してきています。先生も、1人1人の生徒の名前を憶えていてくれて、フレンドリーで英語が話しやすい環境の語学学校だと思います。

詳細はココをクリック

●K.Fさん(英語講師)
b1

今回は、公立中学校で講師をされているK.F.さんの留学体験談を紹介させて頂きます。K.F.さんは、スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)で1ヶ月間のTEFL(Teaching English as a Foreign Languageの略:英語圏以外の国で、英語が母語でない人に英語を教える教授法)のコースを受講され、英語の教育者としてのスキルと経験の双方を深められ帰国されました。今後、英語教育に携わっていかれる方には、とても参考になる内容です!

詳細はココをクリック

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)スタッフへのインタビュー

・イシュマエルさん
stafford

スタッフォードハウス・ボストン校へ、ようこそ!
私達の学校は、ボストンのダウンタウン・クロッシングにあります。
このフロントデスクでは、毎日、笑顔を見ることができます!

私達の学校のユニークな点をいくつかお話します。
目的意識の高い方や、大学を卒業して新しい体験をしたい方などに様々なユニークなプログラムを提供します。

世界を旅して美しいボストンを訪れた方は、川の上からボストンの暑い夏や寒い冬を体験します。そして、就職準備プログラムを楽しんでもらえます。ここでは、ビジネスの風習から履歴書の書き方まで学べます。
また、アメリカの企業で無給インターンを受けるため、面接の際にどの様に対応したらよいかもアドバイスします。

詳細はココをクリック

スタッフォードハウス・ボストン校(Stafford House Boston)の最寄駅の情報

Downtown Crossing駅(地下鉄レッドライン&オレンジライン)
ダウンタウンクロッシング駅周辺の雰囲気

➡(この地下鉄駅の詳細情報はココ

ボストン留学のトップへボストン留学ガイドのプレゼント お問合せ