ボストン留学生活の魅力20選
無給インターン



✅ボストンとその周辺都市の人口って?

2018年時点で、ボストンの人口は、687,584人(約69万人)とされています。そのうち約25万人が学生だとされています。なので、約3人に1人が学生だという計算になります。なので、ストリートやカフェなど、至るところで学生の姿を目にすることができます。ボストンに住む人達の平均年齢が約32歳と言われますので、いかに若い人達のエネルギーが満ち溢れた町かということが想像できると思います。

ボストンの町並み
ボストン市内加え、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学のあるケンブリッジ市など半径25マイル(40km)以内には、なんと教育機関が120近くあります。なので、ボストンは、全米のみならず「世界の教育のメッカ」と言ってもよいでしょう。

下記に、ボストンで留学をする際に、当サポートのお客様達が生活したり通ったりする代表的な都市を紹介します。

※下記の人口統計は、2018年時点のものとなります。

●ボストン市(人口68.8万人)

ボストンの人口 ボストン市のみの人口は、約69万人程です。日本の同じ様な人口の都市は、静岡市(人口約70万人)岡山市(人口約72万人)となります。一見すると、ボストンは小さな都市に見えます。

しかし、ボストンは、マサチューセッツ州、メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、ロードアイランド州、コネチカット州の6州を合わせた人口約1,500万人のニューイングランド(New England)地方の中核都市として繁栄しています。

●ケンブリッジ市(人口11.2万人)

ケンブリッジの人口

ケンブリッジ市は、ボストン市の北部に位置します。ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)などの世界的な大学のキャンパスがあることで有名です。全米のみならず世界中から優秀な大学生や研究者が集まってきます。

地下鉄レッドラインのポータースクエア駅には、和食のレストランや日本のラーメン屋さんなどがあるので、ボストンに留学や駐在する日本人の間ではとても人気の場所です。

●クインシー市(人口9.4万人)

クインシーの人口 クインシー市は、第2代大統領ジョン・アダムズと第6代大統領ジョン・クィンシー・アダムズの二人のアメリカ大統領を輩出した町として有名です。なので、「大統領の街」(The City of Presidents)の愛称で呼ばれています。

地元のクインシーカレッジやマサチューセッツ州立大学ボストン校に通う大学生がよくアパートを借りて住むエリアとしても人気の場所です。地下鉄レッドラインのクインシーセンターからボストンのダウンタウンまでは約20分ほどでアクセスすることが可能です。

●ブルックライン市(人口6万人)

ブルックラインの人口 ブルックラインは、第35代アメリカ大統領のジョンFケネディ大統領が生まれた町として有名です。ボストンには、地下鉄グリーンラインに乗車すれば10分程でアクセスすることも可能な便利なエリアです。

また、ハーバード大学のメディカルスクール、チルドレンズ病院、ベス・イスラエル病院などボストンの医療の要の地域にも地下鉄や車で簡単に移動でき、医療関係者の滞在には人気のスポットです。

●モールデン市(人口6万人)

モールデンの人口 モールデンは、ボストンの北に4~5マイルほどの場所にあります。地下鉄オレンジラインのオークグローブ行きに乗るとダウンタウンの駅から20分程でモールデンセンターの駅に到着します。

ボストンのダウンタウン周辺の語学学校に留学する人達の多くが、モールデン周辺のホームステイに滞在しています。



✅ノーベル受賞者数TOP3の大学とは?

人口わずか70万人のボストンとその周辺の小さな町から、ノーベル賞受賞者が2016年時点で240名以上出ています。人口1億2000万人の日本でも合計で25名と考えると、ボストンが、いかに学術的に飛びぬけた都市であるかがわかることでしょう。

ハーバード大学(151名)

ハーバード大学

MIT(83名)

mit

ボストン大学(8名)

ボストン大学に留学(ボストン市)
>>ボストンの大学情報の詳細はココ

✅ボストン3つの特徴

●絵はがきの様な美しいボストンの街並み

このページの写真は、プロの写真家が撮影したものではなく私がボストンを訪問した際に撮影したものです。でも、ポスターや絵はがきになってもおかしくないと思いませんか?ボストンに留学すると、学校への通学の時などに、毎日、この様な美しい光景を目にする事ができるんです。そんな生活、素晴らしいと思いませんか?

ボストンのイタリア人街、North Endにて


>>ボストン生活の魅力20選はココ

●日本人比率が少ないボストン留学生活

アメリカに語学留学しても日本人の比率が多いと「流されて日本語を話してしまいそうで心配だ・・・」という方も少なくありません。これまでいくつかの語学学校で調査した結果、ボストンはニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコといった留学先と比較し日本人の比率が半分以下のケースが多い事が分りました。

mix

EC Language Centres公開データ
(2015年11月時点)


>>ボストンの語学学校情報の詳細はココ

●車の運転不要のボストン留学

ボストンは、ウォーキング・シティー(歩ける街)と呼ばれ、自動車社会のアメリカでは珍しく自動車の運転をしなくても生活できる街として有名です。なので、散歩して街を歩くのが好きな方や交通事故などが心配で自動車の運転をしたくない方には、最適の街と言えるでしょう。

地下鉄グリーンラインはボストン市民の足

>>ボストンの地下鉄情報の詳細はココ

ボストン留学ガイドのプレゼントお問合せ