ボストンの紹介

●数ある留学先からなぜボストン?

留学先には、ロサンゼルスやニューヨークなどのアメリカの都市に限らず、イギリス、カナダ、オーストラリア、フィリピンなど数多くの選択肢があります。
そんなに沢山の選択肢がある中で、特に、ボストンがおススメな理由を紹介します!

【目 次】

1.ボストンの魅力って!?

2.ボストンの地下鉄生活

3.留学中の滞在方法は?

4.語学学校では何を学ぶ?

5.ボストンの学校の日本人比率は低い?

6.ボストンはグローバル就活に強い?

7.ボストンの気候って?

8.その他のボストン関連記事

1.ボストンの魅力って!?

一言いえば「ボストンでの出会える人達が最高に素晴らしい!」ということです。


実際に、ボストンでは、日本では、出会えない程の面白い学生達が世界中から集まり、学校の枠を超えて仲間になれる可能性があります。国籍、年齢、英語の熟達度など関係なくです。
unspecified
ボストンとその周辺には、語学学校の学生だけに留まらず、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(通称MIT)の学生をはじめ、20万人以上の学生が生活しています。ボストンの人口が65万人ですので、あなたのチャレンジ次第で色々な学生達との交流が可能なのです。

ボストン留学サポートでは、海外生活の経験がない方でも、現地でアメリカ人の学生と友達になる方法もしっかりアドバイスします!

havard area

ハーバード大学の学生街の自由な雰囲気

2.ボストンの地下鉄生活

アメリカの面積は日本の25倍以上だと言われます。なので、ニューヨーク、ボストン、シカゴなどの都市を除くと、ほとんどの町は自動車が運転できないと、自由に好きな場所に移動することは困難です。

2348
ボストンの地下鉄の歴史は、実はニューヨークよりも古く1897年に開業しているんです。現在では、グリーンライン、レッドライン、ブルーライン、オレンジラインの4路線があり、地下鉄の駅からは、バスもよく走っています。

(出典:Massachusetts Bay Transportation Authority)


アメリカで、車の運転ができなくても、自由に観光やショッピングを楽しめます。

気になるのが、地下鉄やバスの値段ではないでしょうか?心配は不要です!

1カ月間、地下鉄とバスが乗り放題の定期券チャーリーカードがあり、その価格は84.50ドル(2017年時点)です。

Charlie

地下鉄&バスの定期券チャーリーカード


しかも、ボストンの地下鉄は、日本の地下鉄の様にJRや私鉄の区別がなく、1つの定期券で全ての区間を乗れてしまうのは大きな魅力です!

ボストンの地下鉄駅の雰囲気を動画で↑


地下鉄に関する詳細はココをクリック


3.留学中の滞在方法は?

ボストン留学した際の滞在方法は、大きく分けると3つあります。

1)ホームステイ

ボストンの語学学校のホームステイ先は、通常、地下鉄とバスを乗り継ぎ30~50分程のロケーションにあります。ホームステイの最大の魅力は、アメリカ文化とネイティブの英語に生で触れられるという点です。

S__3744011

ホームステイのメンバーと写るお客様
(左から3番目)

2)学生寮

学生寮は、都心に立地するケースと郊外に立地するケースがあります。一般的に、都心の寮の費用は、ホームステイより割高になる傾向にありますので、予算に余裕がある方にお薦めです。
学生寮の最大の魅力は、ホームステイと比較して自由度が高いという点です。
また、あなたが学生であるなら、同世代の色々な国から来た留学生達と仲間になれます。

2301

ボストン郊外の学生寮

3)アパート

ボストンのアパートの賃貸価格は、東京や大阪と比較してもかなり高いです。その結果、多くの学生は、アパートをルームシェアして生活しています。
一人でアパートを借りると2,000ドル/月というケースも少なくありませんが、ルームシェアの場合は500~600ドル/月で生活されている方もおられます。

bh7

ボストンのアパートの外観

アパートのロケーション情報はココ

4.語学学校では何を学ぶ?

ボストンで留学をするといっても、あなたの留学の期間や目的によって、様々のコースを選択することが可能です。中には、ボストンならではのチャレンジングなコースもありますので、ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

business-course

1)バケーション英語コース

放課後に観光を楽しみたい方にお薦めのコースです。午前中に英語の基礎を重点的に学ぶコースです。授業が終わった後は、ボストンの観光名所を巡ったりすることができます。3ヶ月以内のコースで学生ビザの取得が不要な点も魅力です。

2)集中英語コース

英語の力を短期間でより、深く集中的に伸ばしたい方にお薦めのコースです。学校によっては、選択教科があるところもあり、スピーキングやライティングの強化コースに加え、アメリカンカルチャー、パブリックスピーキング、アメリカのスラング、映画を通じた英語学習などを選ぶことができます。

3)ビジネス英語コース

実際にビジネスで使える英語を短期間で習得したい方にお薦めのコースです。具体的には、プレゼン、ミーティング、交渉などのビジネスシーンで求められる実践的な英語力を身に付けていきます。また、ビジネス特有の専門用語を習得することで、ビジネスでの英会話力を向上できるのも魅力です。(例:lead time 納期、invoice 送り状)

4)試験対策英語コース

英語の試験には、TOEFL(アメリカの大学進学)、TOEIC(ビジネス英語)、GRE/GMAT(アメリカの大学院進学)など様々なタイプがあります。各試験のスコアアップに必要なテクニックを学ぶことができます。昨今のインターネットベースでは、読み・書き・リスニングに加え、スピーキングの試験も追加されていますので、対策をしっかりすることで、高いスコアの取得が実現できます。

5)大学進学コース

アメリカの大学に進学するためには、TOEFLのスコアが求められます。ただ、語学学校と提携している短大や4年制大学の場合ですと、語学学校の一定レベル以上のコースを修了するとTOEFLのスコアの提出が免除されて、入学することができるメリットがあります。語学学校に在学中に、大学への願書の出願をサポートしてくれます。特に志望動機のパーソナルエッセイを質の高いものに仕上げるのは、出願において重要なポイントです。

6)無給インターン

ボストンのベンチャー企業や大手企業などで職場経験をします。アメリカのビジネスマンから生きたビジネス英語を学べる魅力があります。そして、最も大切なことは、あなたが、職場で業務や課題に取り組むことで、経営者やリーダーから多くの事を学べるという点です。

7)ハーバード・エクステンション

あの名門ハーバードのエクステンションコースです。このエクステンションコースには、語学学校で英語力を身に付けて、申し込んで受講される方も中にはおられます。ビジネス、文学、サイエンスなど様々なコースを受講でき、単位も取得できます。語学留学をして帰国後に就職や転職の際の履歴書に「ハーバード」と記載できる魅力もあります。

5.ボストンの学校の日本人比率は低い?

よく、海外へ語学留学をしても、現地に到着して日本人の比率が多くて、なかなか英語に集中できずに留学生活を送る人々がいると言われます。せっかく、高いお金や貴重な時間を費やして留学しても、思うような成果がでなければ残念な話です。

ボストンは、アメリカの人気留学先として知られる、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコと比較しても日本人の比率は圧倒的に少ないのが特徴です。真剣に英語力を身に付けたい、あなたにとっては、最適の環境と言えるでしょう。

また、ボストンには、アジアに限らず、ヨーロッパ、南米、中東など、世界のあらゆる国と地域から留学生が集まります。

下記は、全米で人気の高い語学学校のECの各校舎の日本人比率を示したグラフです。是非、留学先を決定する上でご参考になさってください。

mix

EC Language Centres公開データ
(2015年11月時点)


6.ボストンはグローバル就活に強い?

ボストンキャリアフォーラムは、30年以上の歴史を持つ、世界最大級の日英バイリンガルのための就活イベントです。このフォーラムは、毎年秋にボストン市内で開催されます。全米だけに留まらず、ヨーロッパ、オーストラリアなどに留学中の日本人留学生も、ボストンキャリアフォーラムの為だけに、高い飛行機代やホテル代を費やして参加します。

同イベントの参加企業は、ベンチャー企業から、伝統的な商社、金融機関、メーカー、製薬会社など、あらゆる業界の企業が200社近く参加します。

ボストン留学されている方は、交通費も宿泊費も0円で参加でき、参加前の準備も他地域の留学生より充実してできる結果、その分、成果も出やすいことでしょう!

ボストンキャリアフォーラムの紹介動画↑


7.ボストンの気候って?

ボストンには、日本と同じ様に春夏秋冬があるのが特徴です。簡単ですが、各季節の特徴を説明させて頂きます。

春(3~4月)

結構短いというイメージがあります。ただ、春にはボストンコモンズ公園やチャールズ川には綺麗な桜も咲くほどです。

夏(5~8月)

気温はそれなりに高いのですが、日本の様に湿気がなく乾いているため、日本程、汗をかかないで生活できるのが特徴です。学生のアパートには、クーラーなどなく扇風機で生活している所も市内に目立つ程です。

秋(9~11月)

1年でも一番街が綺麗になる時期ではないでしょうか。レンガの建物と赤く染まった紅葉した葉っぱが良く似合います。涼しくて、街を歩くのもきっと楽しいと思います。

冬(12~2月)

冬は、雪が積もって寒いのではと想像される方が多いのではないでしょうか?確かに、外の気温は東京と比較すると低いと言えますが、ボストンの建物の暖房のシステムがセントラル・ヒーティングと言って、建物の内部全体を全て温める様になっています。日本の様に、帰宅してからエアコンを付けるシステムではない為、建物の中は24時間暖かいと言ってよいでしょう。

ボストンの気温


ボストン留学完全ガイドブック

8.その他のボストン関連記事

【他にもこんな記事もご覧頂けます】

学ぶ編

1 bcs アメリカ建国の歴史とボストン 詳細を見る
2 john-manjiro 日本人初の留学生、ジョン万次郎
詳細を見る
3 k7 ボストンが生んだ偉大な大統領 ジョンFケネディ
詳細を見る
4 m2 学びの街、ボストン
詳細を見る
5 DSC_0958 姉妹都市・京都VSボストン
詳細を見る
6 nese-pic 【インタビュー】
New England School of English マーサ・ホール代表 テーマ:大切にする教育の価値観
詳細を見る
7 IMG_2857 【インタビュー】
FLS Internationalボストン校  マイク代表 テーマ:大切にする教育の価値感
詳細を見る
8 12745989_10209015012760503_5087735147980685979_n 【インタビュー】
ラーメン壮夢を語れボストン店 オーナー:西岡津世志さん テーマ:海外への挑戦
詳細を見る

生活編

1 images ボストンってどんな街!?
詳細を見る
2 1113 ボストン留学費用(生活費&滞在費)
詳細を見る
3 travel_suitcase ボストン留学 持ち物
詳細を見る
4 450-2010071614135071297 ボストンの気候
詳細を見る
5 green1 ボストンの地下鉄生活
詳細を見る
6 a6 ボストンのアパート生活
詳細を見る
7 bh7 アパートの代表的なエリア例
詳細を見る
8 From-the-Second-Floor-to-the-Lobby 学生寮の生活
詳細を見る
9 ne2 North End イタリア人街
詳細を見る
10 dt11 ダウンタウン・ボストン
詳細を見る
11 harvard1 ハーバード・スクエア周辺
詳細を見る
12 backbay1 バックベイ -Back Bay
詳細を見る
13 beacon-hill2 ビーコンヒル -Beacon Hill
詳細を見る
14 bc10 ボストン・コモン公園
詳細を見る
15 chinatown-boston チャイナタウン・ボストン
詳細を見る

娯楽編

1 e1 語学学校の授業後の アクティビティ
詳細を見る
2 3217 アート巡り(美術館、交響楽団など)
詳細を見る
3 backbay1 ショッピング
詳細を見る
4 ny22 週末ニューヨーク旅行
詳細を見る
5 S__3752619 ケープコッド旅行
詳細を見る
6 football-3 サッカークラブ
詳細を見る

co