コロナ禍でのボストン(アメリカ)留学計画

コロナを考慮した上で留学したい方へ【2021年3月時点】

新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大により、ボストンの語学学校も、大きな影響を受けています。一方、その様な状況の中で、このコロナ禍の中、ボストンへの留学を希望して実現されている方もいます。

今回は、コロナ禍において、ボストンへの留学をどの様に計画するべきかを3つのプランに分けて紹介します。


1) コロナ対策し対面での授業を受ける

ハイブリッドコース

現時点では、対面での授業を再開する語学学校が出始めてきました。
下記の様に、ボストン周辺の語学学校にて週5回の対面での授業を受講いただけます。

全クラス対面コースのスケジュール例

月曜日 対面授業
火曜日 対面授業
水曜日 対面授業
木曜日 対面授業
金曜日 対面授業
土日 休日

また、全クラスが対面ではなく、対面の授業とオンライン授業を組み合わせてハイブリッドで授業を開講している語学学校もボストンにはあります。

ハイブリッドコースのスケジュール例

月曜日 オンライン授業(ステイ先から)
火曜日 対面授業
水曜日 オンライン授業(ステイ先から)
木曜日 対面授業
金曜日 オンライン授業(ステイ先から)
土日 休日

【現地の学校側のコロナ対策】

コロナ対策
留学を検討される方からすると、現地の語学学校のコロナ対策がしっかりしているかは気になることかと思います。
すでにハイブリッドでの授業を行っているボストンのダウンタウンにある語学学校のコロナ対策について下記に紹介させていただきます。

●頻繁の洗浄

勉強机、いす、ドアノブ、明りのスイッチ、トイレ、クラスルームの設備、教室など、生徒や先生が触れる場所においては、頻繁に洗浄をします。

●空気清浄機の設置

空気伝達の物質やウィルスを最大限にフィルターする空気清浄機を校内に設置しています。
クラスルームに加え、共同スペースの安全をキープします。

●健康のチェック

校舎内に入る前に検温検査をします。規定の体温より高い生徒や体調の悪い生徒は、校舎内に入ることができません。しかし、それらの生徒は、自宅からオンラインの授業を受けることが可能です。

●消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保

・タッチレスのハンド消毒
・校内でのマスク着用
・ソーシャルディスタンスを確保した机の配置

●ハイブリッド学習

・週2回の対面授業、週3回のオンライン授業
・開始時間、休憩時間、終了時間の時差を作り、生徒の密集を避ける

【授業後のアクティビティ】

授業後のアクティビティは、オンラインでの開催頻度が多いですが、実際にボストンの市内を観光したりボウリングを楽しんだりするものもあります。下記の写真は、名門ハーバード大学のツアーです。

ハーバード大学ツアー

>>留学無料相談はコチラ

2) 自宅からオンライン留学

実際に、ボストンへの留学が難しいとお考えの方におススメなのが、オンライン留学プログラムです。このプログラムは、実際にアメリカに留学している留学生達と全く同じ内容をオンラインで学習することが可能です。

オンラインプログラムの費用は、実際の対面の授業よりも費用が安いので、日本から質の高い英語を学びたい方にはおススメです。

現時点では、日本でオンラインの英語コースを受講して英語力を伸ばしておいて、コロナが収束したタイミングでボストンへの留学を計画しているお客様もおられます。

オンライン英語プログラム

3) ディスカウントでコロナ収束後、低予算留学


コロナがある程度、収束したタイミングで留学をしたいと思っている方は、コロナ期間中に授業料のディスカウントを実施している語学学校を検討されるのがよいでしょう。

ボストン周辺の語学学校の中には、授業料の30%OFFのディスカウントを実施しているところもあります。将来的に低予算でボストンへの留学を検討の方はぜひ、お問合せくださいませ。

ディスカウントキャンペーン

まとめ

コロナ禍のにおいるボストンへの留学は、色々なパターンがあります。
ご自身の英語や将来のキャリアの目標に合わせてプラン選びが重要になってきます。
また、現地への留学を検討される方は、学校のプログラムの内容に加え、受け入れる学校のコロナ対策も十分なものであるかも見極める必要があります。

コロナ禍にあっても、これらを十分に踏まえてボストンでの留学をされている方もおられます。ご質問などございましたら、お気軽にお問合せください。

>>留学無料相談はコチラ

ボストン留学のトップへボストン留学ガイドのプレゼント お問合せ