第8回 成功する留学とは!? ─逃げといわせない留学



前半はボストン留学の魅力20選

 

こんにちは。
ボストン留学サポートの小松です。

前回のメールでは、

「留学後も長い人生が続いていく」

ことについて、お伝えしました。

 

目先のことだけで決めて、

留学してしまうと、私のように

帰国後に苦労することになります。

 

私の苦労の原因は、

将来のイメージや目標が

まったくなかったことです。

 

そこで、留学前から将来を

しっかりとイメージして

いくことが大事になりますね。

 

また、前回のボストンの魅力20選

#07 ボストン市民に憩いの公園」

ボストン周辺の公園

はいかがでしたか?

 

美しい建物に囲まれて過ごす時間は、

勉強で疲れた頭を、

ゆっくり休めてくれそうですね。

 

 

さて、今日は、

「成功する留学とは!?」

について、お伝えします。

 

これまでのメールで、

 

「留学は目的をはっきり

 させることが大事ですよ」

 

と繰り返しお話ししましたが、

 

そもそも、

成功する留学とはどういうもの!?

か、わかりますか?

 

ここで、ちょっと時間をとって

考えてみでください。

 

あなたにとって、成功する留学とは、

どんなものでしょう。

 

 

たとえば、就活の面接で、

留学生がまっ先に聞かれることは、

 

「なぜ留学したのか?」

 

です。

 

この質問には、

 

ちゃんと目的があって留学したのですか?

 

それとも、遊びの延長だったり、

逃げだったのではないですか?

 

という意味を含まれています。

 

 

面接では、わざとイジワルな

質問をされることがあります。

 

 

それは、その答えがなにかを

知りたいのではなく、

プレッシャーがかかったときに、

どう反応するかを見ているのです。

 

 

もしも、あなたが面接官から、

「ただ遊びにいっただけでしょう!?」

と言われたら、どうしますか?

 

 

一瞬、ムカっとしたり、

戸惑ったりするかもしれません。

 

 

でも、そこできちんと、

 

「いえ、違います。私が留学したのは、

○○を実現したかったからです」

 

と説明できたら、面接官も、

 

(ああ、この人は、ちゃんと

 考えて行動できる人だな!)

 

と判断してくれます。

 

しっかりしているなと思われますよね。

 

こう思われたら、

その留学は大成功!!

ですよね?

 

 

それが、たとえば、

 

「他の人もしているから」とか、

「就職に有利だと考えたので」などと、

 

曖昧な返答しかできなかったら、面接官は、

 

「自分の考えはないのか!?」

 

と思いますよね。

 

 

成功とは、自分の目的を

達成することだと考えると、

 

就職試験で高評価を得たり、

希望の企業に就職できたら、

目的を果たしたことになります。

 

これって、立派な成功ですよね。

 

といっても、たんに目的だけ

達成できればいいというのでは、

 

ちょっと味気ないもの

なってしまいます。

 

 

そこで、滞在中をどう過ごすかも、

大事なポイントになりますね。

 

 

滞在中に、さまざまな地域

からきた人たちと会話し、

 

お互いの考えを理解し合ったり、

日本のことを知ってもらったり、

刺激的で充実した時間を過ごせたら、

それも成功ですね。

 

また、日本ではなかなか学ぶことが

できない分野を学んだり、

人脈ができるのも成功ですよね。

 

ホストファミリーに親切にしてもらったり、

すばらしい先生に出会うことも成功です。

 

 

このように、

滞在中のあらゆることが、

あなたの留学にとって、

大事な思い出になります。

 

 

こういったひとつひとつのことも、

 

帰国後にきちんと

話せるようにしておくと、

 

留学の効果がより一層

高くなりますね。

 

ボストンの魅力20選

今日のボストンの魅力20選は、

#08 近代的&雑多なダウンタウンの空気感」

です。

ボストンのダウンタウンの雰囲気

 

ぜひ楽しんでください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>クリックして「ボストンの魅力20選」を見る

ボストン留学のトップへボストン留学ガイドのプレゼント お問合せ