Kingsボストン校の大学進学プログラム【インタビュー】

kings boston upp
ボストン留学サポートのお客様の中には、高校を卒業した後に、アメリカに渡り英語力を身に付けて大学進学を目指される方もおられます。
Kingsボストン校は、大学進学希望者が限定のUndergraduate Preparation Program (UPP)という大学準備プログラムが存在します。

今回のブログの前半では、このプログラムの特徴を、キングス・ボストン校のセンター・ディレクターのエミリーさんにインタビューしまとめた内容を紹介させて頂きます。そして、後半部分では、今現在、アメリカの大学進学に向け、キングスで頑張っているボストン留学サポートのお客様の体験談を紹介させて頂きます。


Q: Kingsボストン校のプログラムの特徴について聞かせて頂けますか?

私達の大学準備プログラムのユニークな点は、生徒達に提供する「サポートの量」です。
生徒が到着した初日から、大学へと編入する日まで私達はサポートし続けます。
もちろん、彼らが「目標とする大学」へと進学できるのを期待します。

私達は、ここで彼らの質問に答えたり、アドバイスもします。また、エッセイを書く手助けもします。そして、生徒達が希望する大学へコンタクトを取ったり、TOEFLのスコアを伝えたりもします。

この大きなアメリカという国には、本当に沢山の大学が存在します。なので、あなたにとってベストの進学先を選ぶ助けになる人達が、ここにはいます。

その意味で、Kingsボストンは特別な場所だと言えるでしょう。

日本の皆さん、ヨウコソ!
ボストンへきてください!
あなたをお待ちしています。

●当サポートのお客様の体験談

今年の3月からKingsボストンの大学準備コースを一貫して7ヶ月以上、受講されている中野様に体験談を聞いてみました。是非、今後、大学進学を検討される方は参考になさってください!

Q: Kingsの大学準備プログラムを受けている感想を聞かせて頂けますか?
 私が本格的に留学について考え出したのは高校2年生の時でした。その時は英検3級を持っているだけで留学経験はなく、アメリカに行ったことすらありませんでした。

ボストンに留学まではわからないことだらけで不安ばかりでしたが、いざ来てみると先生たちは優しい人達ばかりで、日本人の生徒も何人かいらしたのでたくさん助けていただきました。

Bostonに来たばかりの私は先生方のネイティブな英語を聞き、戸惑うばかり、それに加え私はシャイなので全く英語を話す機会を自ら作ることができませんでした。ですが日々の授業を受けて行くにつれて先生方が丁寧に分かるまで教えてくれるため、英語力の向上を実感する毎日です。

授業内容は午前中にwritingを中心に、午後はlisteningとspeakingを中心に行われています。午前のクラスでは新しい単語や文法を学びます。

キングス・ボストンの授業風景
午後のクラスでは人前で話す機会などが多いので、自分の短所であるシャイな部分が徐々に改善されている気がします。今となっては友達をたくさん作ることができたので、クラスメイトと共に大学進学に向けて毎日勉強を頑張っています。

Q:現地での日常生活について聞かせて頂けますか?

こちらに、半年以上生活していると、カフェテリアのご飯は味が単調だと思うことが多々あるので、週末には友達とレストランに行きます。平日は基本的に近所のスーパーマーケット以外に行くことは時間上の問題で厳しいので、平日は勉強に集中し、週末になったら街の方に買い物に行きます。大学の体育館とトレーニングルームが無料で使い放題なので、週に2回は体を動かしに行っています。

キングス・ボストンの学生寮
Q: 今後の目標を聞かせて頂けますか?
Bostonでの英語の勉強を継続し、来年の8月末からパインマナーカレッジ、2年後に州立大学への転校を目標にして頑張っています。

➡(Kingsボストン校の詳細情報はココ


聞き手:ボストン留学サポート・小松

ボストン留学ガイドのプレゼントお問合せ無料セミナー