学生ビザを取得し、ボストン留学へ出発!
「ボストンに留学したいけど、学生ビザって取れるのかな?」

「アメリカ大使館の面接って、どんな感じ?落とされるの?」


上記の様なご質問をされる方が、結構いらっしゃいます。
今回は、アメリカ大使館/領事館のビザ面接のポイントをまとめさせていただきます。

多くの方が、面接という言葉で連想するは就職面接ではないでしょうか?

就職面接の場合は、リクルートスーツにネクタイといった服装が普通です。しかし、学生ビザの大使館面接は、その様な雰囲気のものとは全く異なります。

通常、アメリカ大使館や領事館の面接は、とても短時間でシンプルなものです。

面接が終了した後、当サポートへの結果報告される方達のコメントは下記の様なものです。

「面接は1分で終わりました。拍子抜けです。。。」

「英語ができなかったので日本語で対応してくれました!」


●F1ビザ(学生ビザ)に関するよくある質問

Q1:どんな人が学生ビザを取得する必要があるの?

A1:ボストンの語学学校で週18時間以上のフルタイムで授業を受ける場合、F1ビザ(学生ビザ)の取得が求められます。
※90日以内のアメリカ滞在で、パートタイムの授業(週18時間以下)の方は、ESTAというビザ免除プログラムで大丈夫です。

Q2:どんな服を着てけばいいのか?

A2:スーツの様なフォーマルなものである必要はなく、カジュアルな服装でOKです。

Q3:大使館員に英語で話しかけられて答えられない場合は大丈夫か?

A3:英語で返答できるのがベストです。ただ、仮に英語がわからなければ日本語のできる大使館や領事館のスタッフが助けてくれると言います。
あなたは、英語を学びにボストンへ留学するので、100%大使館員の英語が理解できる必要はありません。

Q4:アメリカ大使館では、どんな質問をされるか?

A4:まずアメリカ大使館の方達が知りたいのは、「なぜ、アメリカへ留学するのか?」というポイントです。そして、場合によっては「語学学校が終了したら、どうするか?」と聞かれる場合もあります。

留学する目的は「英語を勉強するため(I will study English)」と答えれば大丈夫です。就職の面接の様に、「自分の熱い想い」を語る必要はありません。

また、学校のコース終了後は、「日本へ帰国します(I will go back to Japan.)」とはっきり答えて頂ければ問題ありません。

Q5:ビザ面接から、どれくらいで学生ビザは取得できますか?

A5:ビザ面接の当日、アメリカ大使館の方が、ほとんどのケースで合否を教えてくれます。
パスポートにF1ビザが印刷されたものが1週間前後で、あなたの自宅に郵送されます。

●アメリカ大使館の動画

アメリカ大使館が紹介する動画には、とても分かりやすく面接のポイントが紹介されています。ぜひご参考になさってください!


●F1ビザ(学生ビザ)の面接のポイント

学生ビザを取得するにあたっておさえておくべき重要なポイントは、「アメリカ政府にとって、あなたは有益な人間か?」という点です。

アメリカには、世界中から多くの人達が留学しに来ます。しかし、その中には、学生として来たにも関わらず、学校が終わっても帰国せずに不法滞在をしてアメリカに居続ける人達もいます。

不法移民が増えた結果、アメリカ人の雇用が奪われてしまうと考える人達も実際にアメリカには存在します。そして、アメリカ社会に適応できずに、犯罪を犯してしまう不法移民達がいるのも現実です。

なので、「英語を学ぶ目的で、アメリカへ留学し、現地でしっかり学びトラブルを起こさず、日本に帰国する」ということが大使館の人達に理解されれば、問題ないのです。

ボストン留学で、あなたが、アメリカの語学学校へ授業料を払ったり、レストランでランチ代を使ったりすれば、全て、それらの一部は税金としてアメリカ政府に入ってきます。つまり、あなたは、アメリカにとっての「お客様」ということになります。

ぜひ、学生ビザを取得して、ボストンへの留学を実現しましょう!

ご質問などござましたらお気軽に!

➡(ボストン留学専門・無料カウンセリング受付中

ボストン留学ガイドのプレゼントお問合せ