私のボストン留学体験記_5

今日は、私の大学選びの時の経験談をお話しします。

私自身の経験は、海外経験もない方、現時点で英語に苦手意識を持った方には、 
特に参考にして頂けると思います。


私は、留学前に、留学エージェントの方に薦められミズーリ州のメリービル
カレッジという大学付属の語学学校へと留学しました。


アメリカの大学に関する知識のなかった当時の私は、大学を選択する余地
など私にはないと思っていました。しかし、実際に自ら留学生活を重ねていく
うちに、語学力が不十分な当時の私にも多くの選択肢があるという事に
気づきました。しかも大幅に留学コストを下げれるやり方です。


ボストンの語学学校の授業後や休みの日を使い周辺の短大や大学を30校
以上訪問し、担当者にも話を聞きました。そして私自身にとって最適の
大学を見つけようとしました。


留学前は、4年制大学を卒業するのだから、4年制大学の付属の語学学校が
一番近道だと思っていました。


しかし、実際、私のようにTOEFL320点程度のレベルで留学をスタートした
場合、一年の語学学校の授業を受けるだけでは4年制大学の最低合格基準の
500点に到達するのはかなり難しいという事実を知りました。


そこで、私が発見したのは、4年制大学と提携しているコミュニティーカレッジ
に入学し、そこから4年制大学へ編入して卒業するという道でした。私は、
ボストンの近郊にあるQuincy Collegeという2年制の大学を下記の理由で選び
ました。

  ■授業料が年間4000ドルと、日本の大学より安い
  ■2年制を卒業後、4年制大学の3年時に編入できる。

上記を選択した結果、私は、留学コストを410万円程削減でき、しかも4年制
大学を3年半という期間で全単位を取り終える事ができました。


同じ能力を持っていても、大学の選択を誤ってしまうと、場合によっては費用が
オーバーしたり、成績値が維持できずに卒業せずに帰国してしまう留学生の方も
実際にいるといいます。


私の経験が、皆様に少しでもお役に立てる様でしたら、すべての経験・ノウハウを
お伝えします。興味がありましたら、いつでも連絡くださいませ。


次回は、アメリカの大学の入学の仕組みについてお話ししますのでお楽しみに♪

>>次回の「私のボストン留学体験記」を読む

ボストン留学ガイドのプレゼントお問合せ無料セミナー