EF 海外進学準備プログラム

大学進学者のみで構成されたクラスなのでモチベーションが高い!

ef-logo

プログラムの説明

語学学校名 EF インターナショナル・ランゲージ・センター
(英名: EF International Language Centers )
プログラム名 ユニバーシティ・ファンデーション・イヤー
内容 週32レッスン(1レッスン40分)。
高校卒業者が英語圏の大学に進学するための準備コース
期間 約5~6ヶ月コース
約8~9ヶ月コース
クラスサイズ 最大18名 (平均12名)
英語レベル 約8~9ヶ月コース:TOEFL 450 PBT / 133 CBT / 45 iBT
約5~6ヶ月コース:TOEFL 490 PBT / 163 CBT / 57 iBT
※または、EF University Preparation Test (無料)で同等の英語力がある場合
最低年齢 高校卒業者
提携大学数 約60校(アメリカ・カナダを含む)
ロケーション

ef-11

ボストン(マサチューセッツ州)
ニューヨーク(ニューヨーク州)
サンフランシスコ(カリフォルニア州)
シアトル(ワシントン州)
サンタバーバラ(カリフォルニア州)

プログラム概要
このプログラムでは、英語力強化、TOEFL試験対策、大学での学習準備、リサーチ、学習方法、エッセイの書き方などの準備をします。アメリカ特有の選択科目として、大学生活を始めるにあたっての基礎を学ぶカレッジでの必須スキル、プレゼンテーションスキル、討論、アカデミックライティング、研究論文といった科目があります。また、アメリカの全EF海外進学準備プログラムの開講校でSAT試験対策クラスを受講できます(上級レベルの方向け)。大学の志望専攻内容にあわせて選択科目を選ぶ事もできます。このプログラムの修了者に対して、提携大学の中にはTOEFL免除での入学、融通のきく出願締め切り、ビザ申請のための条件合格、迅速な入学審査(通常10~14日)などの特例を認める大学もあります。進学アドバイザーが、大学の選択や出願手続きなどをしっかりサポートしますので、安心して勉強に専念する事ができます。

ef3


また、英語力が高い方向けに約8~9ヶ月のプログラムの1&2タームだけを受講する約5~6ヶ月コースもありますが、ほとんどの生徒が3ターム目に受講する重要な科目を受けるために約8~9ヶ月コースを選びます。
規定の成績・英語力でコースを修了した卒業生は、アメリカ・カナダにある約60の提携校のいずれかへの進学が保証され、さらに他の大学へも出願できます。これまでにEFユニバーシティ・ファンデーション・イヤーの卒業生はPurdue、Pennsylvania State、Pepperdine、Northeastern、Simon Fraser Universityなどの名門大学へ進学しています。

ef schedule


プログラムの特徴

●大学への合格保証

EF海外準備プログラムを規定の条件を満たして終了した生徒には、150以上の提携大学のいずれかへの入学が保証されます。EFユニバーシティ・ファンデーション・イヤーはEF独自のプログラムですので、提携大学だけでなくコースを受講した国のどの大学にも出願できます。

●高校卒業後の次のステップ

同プログラムは、高校を卒業して規定の英語力がある方に最適です。英語力が不足している場合は、EFインターナショナル・ランゲージ・センターでアカデミック・イングリッシュプログラムを受講し、基礎英語力を付けてから同プログラムを開始します。

●大学進学に必要なスキル習得

同プログラムでは、これから挑む海外の高等教育に馴染めるように学習方法や専門知識の補強も行います。まずは、ノートの取り方、エッセイの書き方、物事を分析する考え方やグループ学習への参加の方法など、大学で必要となる基本的な学習スタイルを学びます。同時にその国の教育制度にも慣れて、英語力を上達させます。同プログラムの間に、専攻クラスとして、例えばビジネス、IT、法律、メディア&コミュニケーション、観光学、スポーツ科学、人文科学、理工学などを選択することもできます。

●文化・学問・語学の習得

同プログラムを受講すると、学習スキルを高めるだけではなく、その国の文化や習慣もさまざまな角度から見る事ができるようになります。その国の特徴や教育制度の違いなどを学んでください。また、大学で必要なレポートの書き方やケーススタディ、プレゼンテーションなどのスキルも磨く事ができます。

●大学説明会とキャンパスツアー

同プログラムでは、定期的に提携大学の担当者を招いて説明会を開催します。それぞれの大学がどのような内容のプログラムを提供しているのかよく知る機会です。説明会の他にも、実際に大学を訪問することで場所や施設を認識することができます。
(学校により実施されない場合もあります。)

●志望大学の選択から出願までお手伝い

同プログラムを開講する各EF校では、進学アドバイザーが出願に関してさまざまなアドバイスをします。具体的には、申込み手順についての疑問に答えたり、適した専攻内容について助言したり、証明書や効果的なエッセイを書くためのノウハウを提供したりします。入学申請書の内容や期日の条件を満たしているかを確認し複数の大学から入学許可を受け取った場合は、どの大学を選んだらよいか適切なアドバイスをしてくれます。

ef-4

お問合せはこちら

<ゼロからの大学留学・成功道>


カプラン大学準備コース

大学進学サービスの長い経験と実績有り。全米20ヶ所から選択可能。

school-logo-kaplan

プログラムの説明

語学学校名 カプラン・インターナショナル・カレッジ
(英名: Kaplan International Colleges )
プログラム名 ・TOEFL® iBT & アカデミック英語
・大学プレイスメントサービス
期間 4~16週間
クラスサイズ 最大15名 (平均12名)
英語レベル TOEFL iBT 53以上
最低年齢 16歳以上
提携大学数 約150校(全世界)
ロケーション ボストン(マサチューセッツ州)
ハーバードスクエア(マサチューセッツ州)
ニューヨーク(ニューヨーク州)
ロサンゼルス(カリフォルニア州)
アーバイン(カリフォルニア州)
サンフランシスコ(カリフォルニア州)
バークリー(カリフォルニア州)
フィラデルフィア(ペンシルバニア州)
ワシントンDC
マイアミ(フロリダ州)
シカゴ(イリノイ州)
シアトル(ワシントン州)
ポートランド(オレゴン州)

※サンディエゴ校、イリノイ工科大学校ではTOEFL iBT&アカデミック英語コースの提供がありません。

kaplan2

TOEFL iBT & アカデミック英語
TOEFL® (Test of English as a Foreign Language)は、アメリカで最も一般的な英語試験で通常、大学へ入学する際に必要とされます。最近では、インターネットベースのTOEFL iBTが主流です。カプランのTOEFL iBT対策コースは、世界を代表するテスト対策センターとして実績のある、カプランのノウハウに基づいた教材とカリキュラムをベースに、皆様の高得点獲得のお手伝いを致します。

kaplan-1


●成功への準備

同コースでは、TOEFL iBTに求められる4つの全項目をカバー致します。TOEFL対策用のリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのトレーニング、頻出試験問題練習などが含まれます。8回に及ぶ本番さながらの模擬試験を行うことで、問題だけでなくテストの雰囲気にも慣れる事ができます。

●アカデミック英語

TOEFL試験対策に加えて大学の講義も十分に理解できる英語力を養っていただくことにも注力しています。専門の教師についてリーディングとライティングを強化し、大学レベルのアカデミック英語に備えた文法などに対応します。学習する技術やノウハウは、もちろんTOEFL iBT対策に役立つことでしょう。

●特別コース教材

試験対策教材はカプランの学生専用に、試験対策のエキスパートが作り上げたものです。教材の内容はTOEFL iBT対策とアカデミック英語をカバーしています。コーステキストに付属のCDはリスニング対策に有効です。カリキュラムや教材は、教師陣と学生達によって常に最新の内容に更新され、より効果的な試験対策を可能にします。

kaplan-toefl


大学プレイスメントサービス
カプランの大学プレイスメントサービス(UPS)は、多くの提携大学とのネットワーク、願書申込み手続きプロセスを通じて、多数の学生を支えてきた豊富な実績が強みです。熱心なスタッフたちが、提携大学/カレッジを中心に皆様の編入サポートを致します。

kaplan-21


特徴
●修士や学士、準学士やディプロマにも対応します。
●経験と知識豊富なカプランのアドバイザーが、あなたに必要な学習プランとあなたに合った進学先をアドバイスします。
●留学生を受け入れることに積極的な、150におよぶ世界の大学機関とのネットワークを持っています。
●カプランの提携大学は、日本を出発する前に、学位課程に対しての条件付き入学許可書を発行することが可能です。
●公式英語試験のスコア無しで受入れ可能な提携大学も多数ある為、大学進学がよりスムーズになります。
●カプランのコースを16週間以上お申込みの場合、提携大学/カレッジへのプレイスメントサービスは無料です。(UPS Basic)

お問合せはこちら

<ゼロからの大学留学・成功道>


NESEの大学紹介サービス

名門ハーバード大学出身者が設立した学校。世界的にも高い評価。

school-logo-nese

プログラムの説明

語学学校名 ニュー・イングランド・スクール・オブ・イングリッシュ
(英名: New England School of English )
プログラム名 大学紹介サービス
(英語名: University Placement Service)
期間 1ヶ月~
クラスサイズ 平均10~12名
英語レベル 初級~
提携大学数 47大学程
ロケーション マサチューセッツ州、ケンブリッジ (ハーバード・スクエア)

nese-12

サービス概要
NESEの多くの生徒はアメリカ合衆国で大学または大学院に通うことを願っているので、NESEは、適切なプログラムを探し出し、入学手続きをすることが複雑で時にはわかりにくいプロセスであることを理解しています。そのため、NESEではそれぞれの教育目的を果たすのに必要な指導とスキルを提供することに特別な重点を置いています。NESE大学紹介サービス(NUPS)は、生徒が母国を出発する前に提供され、生徒が自分に適切な大学を見つけるためのお手伝いをします。NESEの大学専門カウンセラーの目的は、生徒のニーズと能力が希望の学術機関と一致し、また入学手続きの間いつでも支援、援助、指導が得られるようにすることです。NESEの長年にわたる大学に関するアドバイス経験をご利用いただくことによって、貴方が母国を出発する前に希望するプログラムへの入学手続きを難なく済ませ、希望大学に受け入れられることができるようになります。

NESE大学紹介サービス(NUPS)およびNESEで提供される一連のワークショップ、コース、およびプログラムにより、ハーバード大学(NESEに隣接)、マサチューセッツ工科大学(NESEから2キロ)、ボストン大学(NESEから4キロ)、ノースイースタン大学(NESEから4キロ)、サフォーク大学(NESEから4キロ)、またカリフォルニア大学バークリー校(サンフランシスコ)、RISD(ロードアイランドデザイン学校)、ミシガン州立大学、シラキュース大学(ニューヨーク)、およびジョーンズ・ホプキンス大学(メリーランド)など、数多くの大学にNESEの生徒が進学する援助をしてきました。

米国大学に入学するためにNESEはどのような支援を行いますか?

●TOEFL® 検定なしで大学へ入学

NESEは、ボストン地域および米国中の数多くの大学と特別に提携しています。これらの提携により、NESEの生徒は公式のTOEFL®検定試験を受けずに (多くの場合SAT®またはGMAT®検定試験を受けずに) 大学を受験し入学許可を受けることができます。大学によって、NESEの生徒は次の2つの方法によりTOEFL®検定試験を免除されます。

いずれかの条件:
◆NESEの最上級レベル (または希望する大学が要求するNESEレベル) を完了する
または
◆NESEの学内TOEFL® (各学期にフルタイムのNESEの生徒を対象に実施)を受けて希望する大学が要求するスコアを取得する

NESEと大学との特別な提携の概要は、付加されているNUPSの表をご覧ください。

●NESEの条件付き入学プログラム

公式のTOEFL®スコアなしでNESEの生徒を受け入れるのに加え、NESEと特別携帯している大学の多くは、「条件付き入学」プログラムを提供しています。プログラムの名前どおりに、NESEの生徒に与えられるこの入学許可は「条件付き」であり、生徒はその大学での教育課程を始める前に大学が要求する英語のレベルを満たす必要があります。通常は、NESEの最上レベルを完了するかNESEの学内TOEFL®検定試験を受けることによって、この条件を満たすことができます。

条件付き入学は、大学が要求する英語のレベルを達成する前、あるいはあなたがまだ自国にいる場合でさえもNESEが特別提携している大学への入学を許可されることを意味します。この入学許可によって、あなたがNESEで英語コースの受講を開始する前でさえも、どの大学に入学するのかを知ることもできます。

●条件付き入学 (CLA) とは何ですか? なぜ条件付き入学が必要なのですか?

条件付き入学 (CLA) は、NESEで英語の必要条件の課程を修了し、入学のためのその他のすべての学問要件を満たした場合に出願すると、入学が許可されることが記述されているアメリカの大学が発行した内諾書です。アメリカの大学によって条件付き入学が許可された生徒は、学生ビザ申請の面接時に、この書類を持って行くと役立ちます。

出発前に、提供される具体的なサービスの内容は下記です。
a. 貴方の教育目的およびニーズの綿密な分析
b. 上記の分析で明らかになった目的およびニーズに一致する大学の推奨リスト
c. 各大学の入学願書記入の支援
d. 必要な場合、条件付き入学許可証受領のための手配
e. 各大学への入学手続きおよび大学側の決定プロセスの各部分における貴方と大学間の連絡サービス
f. アメリカ合衆国で勉強するにあたっての全面にわたる継続的かつ包括的なカウンセリング

到着後のNESE大学カウンセリング・サービス
多くのNESEの生徒は母国を出発する前にNESE大学紹介サービス(NUPS)を活用しますが、その他にNESEに到着してから、アメリカ合衆国の大学への入学手続きの準備をすることを希望する生徒もいます。それ故、NESEでは広範囲のコース、ワークショップ、プログラムを提供し、生徒が希望の学校に入学手続きをする際の利点を与えます。

大学カウンセラー

NESEの生徒として、希望すればいつでもNESEの大学カウンセラーと会う約束を作ることができます。これらの面接では、アメリカの教育システムについて学んだり、学問上の目標について話し合ったり、志望校を決めるための助けを得たりすることができます。またその際、記入済みの願書の見直しを依頼することもできます。

nese-21

大学関係資料の所蔵図書室

NESEでは 何百もの現在の大学カタログや案内書、およびアメリカの大学に関する大規模なコンピューター・データベースを収容した資料図書室が使用できます。さらに、GMAT®、GRE®、SAT®、LSAT®などの検定試験の案内書や問題集も揃えてあります。

大学のスタッフとのミーティング

大学の入学担当スタッフは、NESEを訪問し、生徒の質問に答えることに意欲的です。これに応えて、NESEは大学情報セッションを定期的に開催し、各セッションに多くの学校を招いています。大学フェアと個人による大学訪問は共に、生徒が学問的なオプションについてより詳しく学び、大学の担当者に詳細な質問を聞くことのできる理想の機会となっています。

「 大学選考」に関するワークショップ

大学の授業の聴講現地の大学は、NESE上級コースの生徒を聴講生として歓迎します。聴講することで、アメリカの大学生活を体験し、英語をブラッ
シュアップして、アメリカ人の友達を作る機会が与えられます(具体的な時間、授業料に関しては、大学にお問い合わせください)。

「 大学選考」に関するワークショップ

この無料ワークショップは毎年数回開催されており、アメリカに数千とある大学から学校を選ぶためのお手伝いをします。また、生徒はアメリカの学校で重要すべてのな基準を知る方法を学んだり、自分のニーズと能力に最も一致する大学を見つける方法を学びます。

「入学手続き」に関するワークショップ

この無料ワークショップは毎年数回開催されており、アメリカの大学または大学院への入学手続きに関する詳細なプロセスに焦点を当てています。特に重要視されていることは、入学願書のエッセイであり、アメリカでは生徒の入学手続きにおいて非常に重要な部分を占めています。


NESE 大学進学予備コースおよび試験

TOEFL®集中コース

NESEのTOEFL®集中コースは非常にフレキシブルで、個々の生徒のニーズに合うプログラムを組めるようになっており、わずか1カ月間から6カ月間まで登録することができます。さらに、文法、読解と作文、会話と聴解の3つの主なスキル分野に分かれているので、生徒は紙面でのTOEFL® (PBT)、コンピューターによるTOEFL® (CBT)、またはインターネットによるTOEFL® (iBT)試験で最も改善が必要な分野のみに集中することができます(レベル7の修了またはレベル8への配属が必要)。

nese-class

読解と作文の集中コース

NESEの読解と作文の集中コースでは、生徒が文法と論理の両面で自分自身をうまく表現できるようになることを目的としています。教師は常に親切なフィードバックを提供し、生徒が学業面、およびクリエイティブな面でも、作文を書けるよう支援します。読解力の部分では、内容、文体、語彙について活発な議論を取り組む一方で、徐々に高度で本格的な教材を取り入れていきます。走り読み、スキャン、内容の推測などの読解スキルを集中して教えることにより、NESEでは生徒がアメリカの大学で成功するために必要な読解力と作文力を培います。

大学進学予備コース

本コースでは、アメリカの大学の基準に合った研究を行い、技術論文、論文等を書くテクニックを学びます。学術研究を独自に行うための大学付属図書館の利用法も学びます。

NESEによるTOEFL®検定試験

中級・上級レベルの希望する生徒は、各セッションごとにNESEでTOEFL®試験を受験することができます。NESEでのTOEFL®検定試験は、公式なTOEFL®検定試験の代わりとして多くの大学で受け入れられており、ストレスの多いこの試験を生徒が最も準備のできたときに、よりリラックスし、慣れている環境で受けられるので生徒に有利になります。

お問合せはこちら

<ゼロからの大学留学・成功道>


ボストン留学ガイドのプレゼントお問合せ