ボストン留学動画集

movie

動画でボストン生活を疑似体験しよう!

まずは、下記の地図のAからDのボストンの代表的な語学学校が集まる4つのエリアを紹介します。そして、ボストンの地下鉄事情を動画を交え紹介します。また、おまけの動画では、チャールズ川やビジネス街などの魅力もお伝えします。

map

A:ハーバード大学エリア(学術エリア)

ハーバード大学エリアは、チャールズ川を挟んでボストン市の隣のケンブリッジ市に位置します。このエリアは周辺には、ハーバード大学をはじめ多くの教育機関が密集しています。

地下鉄ハーバードスクエア駅の周辺には、オシャレなカフェ、多国籍なレストラン、ブティック、そしてハーバード大学の学生も頻繁に使う本屋などもあります。そして、週末には、ストリート・ミュージシャンが路上ライブをやっていることもあります。

ハーバード大学の構内のハーバードヤードには、特にIDがなくても入れますので、語学学校のランチタイムや授業後に散歩をされてみるのもよいかと思います。

【行き方】地下鉄・レッドラインのハーバードスクエア駅を下車してすぐ

ハーバード大学の構内 Harvard Yardにて

B:イタリア人街エリア(観光エリア)

イタリア人街のあるNorth Endというエリアは、ボストンの観光地として、とても人気の高いスポットです。North Endを散歩していると、古き良き時代のアメリカの光景がいまだに色濃く残っていることを感じられます!

また、このエリアの魅力は、本格的な美味しいイタリア料理が食べられたり、オシャレなカフェでカプチーノとケーキを楽しむということも簡単にできてしまうところです。他のボストンのエリアにはない魅力がある場所です。

あと、ボストンの史跡を歩いて回る、フリーダムトレイルの通過点でもあります。オールドノース教会(Old North Church)というボストンでも一番歴史のある教会を訪れることもできます。

【行き方】地下鉄グリーンライン、オレンジラインのHaymart駅で下車してすぐ

石畳の道が趣きのあるNorth Endにて撮影

C:バックベイ(コープリー)・エリア(ショッピング・エリア)

バックベイ・エリアには、大きなショッピングモールがあります。そして、最寄駅のコープリー駅から歩いてすぐの場所に、ボストンでも一番オシャレなエリアとして知られるニューベリー・ストリートがあります。

コープリー・プレイスというショッピングモールには、ファストフードレストラン、洋服屋さん、バーなど様々な形態の店が入っていて、一日中歩いても飽きないかもしれません。

あと、コープリー駅の前には、ボストン最大の図書館のパブリックライブラリーがあります。英語だけでなく、世界の色々な言語の本もおいてあります。もちろん、日本語の本のコーナーもあります。

【行き方】地下鉄・グリーンラインのCopley駅を下車してすぐ

コープリースクエア前

ボストンパブリック図書館

D:ダウンタウン・エリア(ビジネス・エリア) & 公園

ダウンタウン・エリアは、ボストンの中でも最も活気のあるエリアと言ってもいいのではと思います。その理由としては、”diversity”つまり「多様性」がこのエリアにはあるからです。

色々な人種、学生、家族、そしてビジネスマンまで本当に色々な人達が生活しています。ボストンの中にあって、少しニューヨークに近い感覚があると私は感じます。

活気ある週末のダウンタウンの風景


一方、ダウンタウンからすぐの場所には、ボストン・コモン(Boston Common)というアメリカ最古の公園があります。ここは、まさに都会のオアシスといった感じの場所で、学校が終わった後に歩くと勉強で疲れた頭が癒されます!

【行き方】地下鉄・レッドライン&グリーンラインのPark Street駅を下車してすぐ


Park Streetから撮影したボストン・コモン公園の風景

【おまけ】ボストンの地下鉄

ボストンは、Walking City(歩ける街)と呼ばれ、自動車社会のアメリカでも珍しく車の運転なしで生活できる街です。下記の様な方には、ボストンはお薦めです!

1)散歩して街を歩くのが好きな方
2)自動車の運転をしたくない方

また、ボストンの地下鉄は、”T”の愛称で親しまれています。1897年に開通した全米最古の地下鉄として有名です。グリーン、レッド、オレンジ、ブルー、シルバーの全部で5路線があります。チャーリーカードという定期券を購入すると、数十ドルで1ヶ月地下鉄とバスが乗り放題です。

ボストンの地下鉄の中心駅のPark Street駅にて


ボストンの地下鉄マップ

【その他のお勧めエリア】チャールズ川

チャールズ川には、遊歩道があるので散歩をしたりランニングができます。また、ハーバード大学などの名門大学のボート部が川で練習をしているので、練習光景を見るのもいいかもしれません。

チャールズ川の周辺では、夏になると野外の音楽ライブなどの催し物もあるので、興味のあるライブがあったら、是非行ってみてください!

【その他のお勧めエリア】ビーコンヒル

ビーコンヒル(Beacon Hill)は、18~19世紀の面影が色濃く残る閑静な高級住宅エリアです。ガス灯が街を照らし、ロマンチックな雰囲気をかもしだす場所でもあります。学校の授業が終わった後で、フラッと歩いてみてもよいと思います。

【その他のお勧めエリア】ビジネス街

ボストンは、学生の街というイメージがありますが、一方で、ニューイングランド地方(マサチューセッツ州とコネチカット州、メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、ロードアイランド州など周辺の6州)の政治、経済の中心地でもあります。ビジネス街では、また、アカデミックなエリアでは味わえない空気を感じることができます。


●パブリックガーデン

詳細はこちら


●ボストンコモン

詳細はこちら


●電車の車窓から

詳細はこちら


●バスの車窓から

詳細はこちら


●アパート

詳細はこちら


●地下鉄

詳細はこちら


●クインシーマーケット

詳細はこちら


●中華街

詳細はこちら


●チャールズ通り

詳細はこちら


●チェスナットヒル駅前

詳細はこちら


●チェスナットヒル郊外

詳細はこちら


●ニューベリーストリート

詳細はこちら


●ノースエンド(イタリア人街)

詳細はこちら


●パークストリート

詳細はこちら


●ダウンタウン

詳細はこちら


●夜のボストン市街地

詳細はこちら


●ボストン交響楽団

詳細はこちら


●食事

詳細はこちら


●ハーバード・スクエア周辺

詳細はこちら


●ハーバード大学キャンパス内

詳細はこちら


●マサチューセッツ工科大学(MIT)周辺

詳細はこちら


●マルボロ・ストリート

詳細はこちら


●コモンウェルス・アベニュー

詳細はこちら


●ガイド本に載ってない裏道

詳細はこちら


●市内でショッピング

詳細はこちら


●ウォーレン・ストリート駅

詳細はこちら


●モルデン周辺

詳細はこちら


●ギャレリア・モール

詳細はこちら


●ロクスベリー

詳細はこちら


●レッドソックス・フェンウェイ球場前

詳細はこちら


●パブリック図書館

詳細はこちら


●地下鉄アーリントン駅

詳細はこちら


●ビーコンヒル

詳細はこちら


●チャールズ川

詳細はこちら


●ユニーク・スポット(ダウンタウン)

詳細はこちら


●地下鉄ケンモア駅

詳細はこちら


●コープリースクエア

詳細はこちら


●ボストン・ハーバー

詳細はこちら







おフリーブックお問合せ