【第3回】岩手のなでしこ体験レポート EC Boston

中学1~3年生5名の岩手のなでしこ留学体験レポート、第3段はハーバード大学ツアー編です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このプログラムECボストンは、午前中英語クラス、

午後は、各国から参加した同年代の仲間たちと

ボストン市内への小旅行へ出かけます。

1日目は、”ハーバード大学へのツアー”でした。

カフェテリアでランチをすませ、1時25分中庭に集合です。

0
ECのイメージカラーのオレンジ色のポロシャツを着た方々が、午前中のクラスの先生で

あり、午後は案内役をしてくれます。 ハーバード大学までは、

”T”の愛称で親しまれるボストンの地下鉄で移動します。


1

2

3
ハーバード大学のあるケンブリッジまでは、電車を1度乗換えをして

到着します。”T”には、レッドライン、グリーンライン、ブルーライン、

オレンジライン、シルバーラインの5つの路線があり、駅は壁にそれぞれの

色を塗ってあるので、分かりやすく工夫されていると感じました。

初めはドキドキしながら乗っていた中学生ですが、何度か乗っているうちに

”もうTは自分たちで乗れる!”と自信あり気になってきました。。

10代の吸収力、順応力には関心します。


さて、この日は2~3グリープ30人以上同じ目的地、ハーバードに向かって

いたので、地下鉄も各国から集まった若者で賑やかでした。

そうこうしているうちに30分ほどでハーバード駅に到着です。


4

いわずと知れた名門ハーバード大学。

ここは、ケンブリッジという街にあり、ハーバード周辺はカフェや

ショップが立ち並ぶ大学街、散策も楽しいようなキレイな街並みでした。

ハーバード大学キャンパス内は、現役ハーバードの大学生が主要な

建物を英語で案内してくれました。


5

6

ハーバード大学は、1636年に創立されたアメリカで最古の

そして、アメリカ最高峰の大学ですね。

アメリカが独立する100年以上も前、イギリスの植民地だった頃に

宗教的指導者の養成を目的に、創立されたそうです。

創立者は、John Harvard氏。

7
”Harvard”のTシャツを着た彼が、ガイド役の現役ハーバード生です。

賢そう。いえいえ、賢いのです。

構内の、ホール、サイエンスセンター、教会、美術館など、建物を巡りながら

ツアーをしてくれました。

8
キャンパス内は、広々として緑が美しく、芝生に寝そべる人の姿や

語らう人々の姿があり映画の中の1シーンのよう。

9
ハーバードとまでいわなくても、大学で学びたい、

学問を深めてみたい・・・わが中学生たちは感じたかな?

心に響く経験は、何年経っても思い出したり、気づきがあったり

するものですから、この経験全てが未来への投資だと思います。

キャンパス内を歩いてまわり、最後はクープ(生協)で買い物の

時間。


夕方4時ごろ。「では、今日のプログラムはこれでおしまい。さようなら。」

ということで、現地で自由解散です。ここから自分で帰るように、という

わけです。

2日目も、3日目もそのように現地解散、中学生たちは、戸惑ったようです。

ここでも、(人の後をついていくのではなく)各人が自主的に行動することが

求められます。



さて、このエクスカーションは月曜日~金曜日まであります。

私が参加させてもらったのは、この日のハーバードツアーだけでしたが、

その後中学生たちは、


   火曜日   科学博物館

   水曜日   ダックツアー(チャールズ川をボートでツアー)

   木曜日   ニューベリー通り近辺散策、ショッピング

   金曜日   ビーチ・・・の予定が悪天候のため、映画会

に参加していきました。

なでしこたちは、「毎日予定があって、疲れてきたな~。」

と週半ば頃に言っていましたが、それでも楽しそうに、

その日の”ビックリ!”や”プチ事件”、体験を話していました。


彼女たちにとって、全てが経験、全てが宝物なのです。


こうして、1日目は終了しました。

おフリーブックお問合せ